プロフィール

 

教員基礎情報
氏名 鈴木 徳男(スズキ ノリオ) 所属 日本文化学科 / 人文学科
ローマ字 専攻


学歴
入学卒業学校名学部・学科学位
 1975年03月早稲田大学第一文学部東洋哲学科文学士
 1978年03月龍谷大学大学院文学研究科国文学専攻修士課程 
 1981年03月龍谷大学大学院文学研究科国文学専攻博士後期課程単位取得後退学 
 2002年03月龍谷大学博士(文学)取得(論文題目「『俊頼髄脳』の研究」博士(文学)
職歴(相愛大学)
開始年月終了年月学校名所属職名授業名
1982年04月1989年03月相愛女子短期大学国文学科専任講師 
1989年04月1993年03月相愛女子短期大学国文学科助教授 
1993年04月2002年03月相愛女子短期大学国文学科教授 
2003年04月現在に至る相愛大学人文学部教授 
職歴(相愛大学以外)
開始年月終了年月学校名所属職名授業名
1980年09月1982年03月高野山大学文学部非常勤講師   
1983年04月現在に至る龍谷大学文学部 非常勤講師平成19年4月より学部大学院共通科目「古典文学特殊講義」担当)
1988年04月1991年03月奈良大学文学部非常勤講師国文学講読
1991年05月現在に至る龍谷大学文学部学科設置審査兼任講師 
1993年04月2004年03月奈良教育大学教育学部非常勤講師平成11年より奇数年開講「和歌史」担当
1993年04月1994年03月武庫川女子大学文学部非常勤講師国文学講読
1994年04月1995年03月甲南大学文学部非常勤講師 
2003年04月2009年03月花園大学文学部非常勤講師学部大学院共通科目担当
2015年04月現在に至る大阪府立大学人間社会学研究科非常勤講師日本言語文化学特殊講義
所属学会
和歌文学会 / 仏教文学会 / 中世文学会 / 中古文学会 / 俊頼髄脳研究会
学協会活動
開始年月終了年月所属役職名
1992年01月現在に至る俊頼髄脳研究会(代表) 
1994年04月2008年03月仏教文学会(委員、平成14年4月から平成18年3月まで学会誌偏集委員。) 
1994年11月現在に至る和歌文学会(委員、平成15年4月~平成17年3月関西例会連絡責任者、平成19、20年度学会誌偏集委員) 
社会貢献活動等
開始年月終了年月事項
1989年10月1989年10月大阪市大学開放講座「日本文学の点描」 「西行の和歌」
2003年04月現在に至る龍谷大学仏教文化研究所共同研究員(現在に至る)
2004年04月2008年03月人文科学研究所の所長として、公開講座(毎年5講座)を企画実施。
2006年05月2006年05月私立短期大学図書館協議会近畿地区協議会平成18年度第1回研修会講師「古典籍つれづれ~春曙文庫など~」
2007年07月2007年07月人文学部公開講座「百人一首の世界」
2008年11月2008年11月相愛学園創立120周年記念公開講座「歌集の世界 ―『定家八代抄』を読む―」
授業科目等(現年度を含む過去3ヶ年)
年度学期授業名
2013前期日本文化演習Ⅰ(3)
2013後期日本文化演習Ⅰ(3)
2013前期日本文化演習Ⅱ(4)
2013後期日本文化演習Ⅱ(4)
2013前期卒業研究(4)
2013後期卒業研究(4)
2013前期日本文学入門1
2013前期日本文学講読2A
2013後期日本文学講読2B
2013後期文献資料入門 古典文学
2013前期日本文化基礎演習(3)
2013前期日本文学入門1
2013前期日本文学講読2A
2013後期日本文学講読2B
2013後期日本文化資料論2A(中世文学)
2013前期日本文化演習Ⅰ(3)
2013後期日本文化演習Ⅰ(3)
2013前期基礎演習A
2013前期日本文学入門1
2013後期日本文学概論
2014前期日本古典文学史
2014前期日本文学講読2A
2014前期日本文学入門1
2014前期日本文学講読2A
2014前期日本文化演習Ⅱ-3
2014前期卒業研究-3
2014前期日本古典文学史
2014前期日本文化演習Ⅰ-3
2014前期日本文学講読B
2014前期日本古典文学史
2014前期日本文学入門1
2014後期日本文学概論
2014後期日本文化資料論2A(中世文学)
2014後期日本文化演習Ⅰ-3
2014後期卒業研究-3
2014後期日本文化演習Ⅱ-3
2014後期日本文学講読2B
2015前期日本文学講読2A
2015前期日本古典文学史
2015前期日本文学入門1
2015前期卒業研究(3)
2015前期日本文化演習Ⅱ(3)
2015前期日本文学入門1
2015前期日本古典文学史
2015前期日本文学講読B
2015前期専門応用演習A
2015後期専門応用演習B
2015後期日本文学演習B
2015後期文化資料論A(日本文学)
2015後期日本文学概論
2015後期日本文化演習Ⅱ(3)
2015後期日本文化資料論2A(中世文学)
2015後期卒業研究(3)
2016前期日本文学入門1
2016前期日本古典文学史
2016前期日本文学入門1
2016前期日本文学講読B
2016前期専門研究演習(2)
2016前期専門研究演習(2)
2016前期専門応用演習A(2)
2016後期専門応用演習B(2)
2016後期卒業研究(2)
2016後期卒業研究(2)
2016後期日本文学演習B
2016後期日本文学概論
2016後期文化資料論A(日本文学)

教員研究業績
研究分野: 文学 / 日本文学
研究キーワード: 古典和歌 / 中古中世文学 / 文献学
教育上の能力に関する事項
教育方法の実践例
開始年月終了年月表題概要
2008年04月現在に至る貴重図書「春曙文庫」を活用した授業実践文献資料入門の講義の中で、本学図書館蔵の貴重古典籍コレクションである「春曙文庫」の価値についてとりあげ、自校教育の一環としている。
作成した教科書、教材
開始年月終了年月表題概要
1981年04月1983年09月高野山関係・日本文学選(古典編)高野山大学出版部
1985年04月1990年03月平家物語ゆのき書房
1987年03月2000年03月平家物語ー流転の道ー東方出版
2004年05月2004年05月平安文学研究ハンドブック田中登・山本登朗編 和泉書院
2015年02月2015年02月後期中等教育における国語教材の研究(1)『平家物語』「忠度の都落ち」の理解を深めるための教材研究
2016年02月2016年02月後期中等教育における国語教材の研究(2)山崎正和「水の東西」と古典における水の表現の考察。
職務上の実績に関する事項
免許・資格
日付免許・資格概要
 高等学校教諭一級普通免許国語(昭54高1普め第5号) 
研究業績に関する事項
著書
書名単著・共著年月発行所、発表雑誌 (及び巻・号数)等の名称編者・著者(共著の場合のみ)該当ページ数概要
素寂本私家集 西山本私家集共著2004年01月朝日新聞社  冷泉家時雨亭叢書第七十二巻。冷泉家時雨亭文庫蔵の私家集のうち、素寂書写のもの五点など、僧侶が片仮名で書写した横本形態の本を収める。鈴木は西山往生院で恵空が書写した範宗集を担当。 共著者:久保木哲夫、片桐洋一、竹下豊、鈴木徳男
平安私家集 十共著2004年08月朝日新聞社  冷泉家時雨亭叢書第二十三巻。冷泉家時雨亭文庫蔵の平安私家集のうち、本院侍従集ほか八点を収める。鈴木の担当は、経信卿家集と出観集。全657頁。 共著者:片桐洋一、田中登、鈴木徳男
俊頼髄脳の研究単著2006年03月思文閣出版  学位論文を根幹にした論考。平安後期に成立した『俊頼髄脳』の和歌史的意義を、先行歌書や歌学的知見の受容、また享受の観点から考察した。これらの課題を論ずる基礎として諸本間の異同を検証し原形テキストを追求する作業を試みた。全305頁
平安私家集 十一共著2007年02月朝日新聞社  冷泉家時雨亭叢書第六十三巻。冷泉家時雨亭文庫蔵の平安私家集のうち、興風集ほか一二点を収める。鈴木の担当は、肥後集、二条太皇太后宮大弐集、安芸集、在良朝臣集。全726頁。 共著者:片桐洋一、田中登、鈴木徳男
俊頼髄脳共著2008年02月朝日新聞社  冷泉家時雨亭叢書第七十九巻。冷泉家時雨亭文庫蔵の俊頼髄脳定家本と俊秘抄の影印と解題。前者は嘉禎3年定家監督書写本。刊行後、重要文化財に指定された。調査解題を担当。全628頁 共著者:藤本孝一、鈴木徳男
平安私家集 十二共著2008年04月朝日新聞社  冷泉家時雨亭叢書第六十四巻。冷泉家時雨亭文庫蔵の平安私家集のうち、太宰大弐高遠集ほか九点を収める。鈴木の担当は、中納言俊忠集と大納言経信集、顕綱朝臣集真観本、侍従大納言成通集。全717頁。 共著者:片桐洋一、田中登、鈴木徳男
明治国家の精神史的研究〈明治の精神〉をめぐって共著2008年10月以文社  相愛大学人文科学研究所主催の共同研究「明治の精神研究会」の成果の一部をまとめた論文集。鈴木は、本書を編集した他、「揺らぐ近代」、「近代歌学の出発」(pp207-268)を執筆した。 共編者:鈴木徳男、嘉戸一将
大鏡 文選 源氏和歌集 拾遺(一)共著2008年12月朝日新聞社  冷泉家時雨亭叢書第八十三巻。冷泉家時雨亭文庫蔵の大鏡ほかの影印と解題。鈴木は、俊頼髄脳の一伝本である唯独自見抄を担当。全858頁。 共著者:稲田利徳、後藤昭雄、藤本孝一、鈴木徳男、赤瀬信吾、岩坪健
続詞花和歌集新注 上単著2010年12月青簡舎  永万二年(1165)成立の、藤原清輔の撰した『続詞花和歌集』(以下、本集)20巻998首の全注釈である。本格的な注釈は未だなされていない。本文は国立歴史民俗博物館所蔵本(重要文化財)を底本として用いた。〔現代語訳〕〔他出文献〕〔語釈〕〔補説〕の順で注釈した。〔他出文献〕は私家集、勅撰集、私撰集などの歌集を主として掲げる。その他注記が必要な場合は〔補説〕に述べた。歌合、歌学書、説話集などは〔補説〕に掲げた場合がある。総490頁
続詞花和歌集新注 下単著2011年02月青簡舎  〔語釈〕では、詞書、歌を読解するのに必要な語句や事項を掲げ解説。用例は撰者清輔に関連するものを優先して引いた。作者については〔入集作者略伝〕にまとめて記す。〔補説〕において出典の歌合・歌会を指摘。また撰集、配列構成の意図を記すほか、他項で説明できなかった事項について述べた。下末に〔解説〕〔参考文献〕〔入集作者略伝〕〔初句索引〕を付けた。総434頁
平安後期歌書と漢文学共著2014年12月和泉書院   
平安私家集13 擬定家本私家集続々共著2015年04月朝日新聞社   
『中世歌学集 続 千首和歌』 共著2016年06月朝日新聞社   
上眇抄・古今和歌集古注共著2017年02月朝日新聞社冷泉家時雨亭叢書・第九十八巻  
王朝歌合集共著2018年10月明治書院久保田淳・藏中さやか・安井重雄・田島智子・岸本理恵 「忠通家歌合」「永縁奈良房歌合」などの注釈。
時雨亭文庫二共著2018年10月和泉書院冷泉家時雨亭文庫 定家家俊頼髄脳の翻刻と解題
論文・解説等
書名単著・共著年月発行所、発表雑誌 (及び巻・号数)等の名称編者・著者(共著の場合のみ)該当ページ数概要
「『俊頼髄脳』の本義」単著2003年05月『講座平安文学論究』第17輯  俊頼が髄脳を執筆するにあたり自らの歌学をどのように位置づけたかを検討した。公任歌学の受容を明らかにした。pp281-305
「源師房「初冬扈従行幸、遊覧大井河。応製和歌」序注(上)」共著2005年03月相愛大学『研究論集』第21巻  承保三年一〇月二四日の大井河行幸における歌会の折に源師房の著した和歌序「初冬扈従行幸、遊覧大井河。応製和歌」を詳細に注釈。pp13-24 共著者:北山円正、鈴木徳男
「龍谷大学図書館蔵『俊頼口伝集』について」単著2005年11月大取一馬編『中世の文学と学問』仏教文化研究所 思文閣出版  俊頼髄脳の一伝本である龍谷大学図書館蔵の俊頼口伝集の紹介とその意義の考察。pp84-111
「源師房「初冬扈従行幸、遊覧大井河。応製和歌」序注(中)」共著2006年03月相愛大学『研究論集』第22巻  『研究論集』第21号の続稿。pp13-24 共著者:北山円正、鈴木徳男
「橋本不美男―和歌史研究への情熱と執念」単著2006年11月田中登・松村雄二編『戦後和歌研究者列伝―うたに魅せられた人びと』笠間書院 和歌文学会五十周年記念出版  橋本不美男の業績を戦後の和歌史研究の中で検証した。和歌文学会の50周年を記念した企画。pp144-158
「源師房「初冬扈従行幸、遊覧大井河。応製和歌」序注(下)」共著2007年03月相愛大学『研究論集』第23巻  『研究論集』第21号、第22号の続稿。pp13-24 共著者:北山円正、鈴木徳男
「『俊頼髄脳』定家本の重要文化財指定に寄せて」単著2008年07月『志くれてい』第105号  冷泉家時雨亭文庫蔵の定家本の価値の重要性について論述。pp4-5
「住吉大社蔵『俊頼髄脳抜書』について」単著2008年12月大取一馬編『中世の文学と思想』龍谷大学仏教文化研究所  住吉大社蔵の抜書について紹介し、その意義を考察。pp447-461
「『俊頼髄脳』における「所の名」について」 (査読付)単著2010年03月『紀事』第34号、日本文学風土学会  俊頼髄脳に記載される所名を具体的に検討し、その注釈態度を考察。pp13-24
「『続詞花集』考 ―『千載集』との比較をめぐって―」単著2011年11月大取一馬編『典籍と史料』、龍谷大学仏教文化研究叢書28  続詞花集と千載集の共通歌を検討し、両書の撰集姿勢の相違を考察。とくに後出の千載集の編纂意識を問題にした。pp23-48 平成23年11月10日
「定家の素性歌受容 ―長月の有明の月をめぐって―」(査読付)単著2012年06月『中古文学』第89号  古今集に入集の素性詠「今こむといひしばかりに長月の有明の月をまちいでつるかな」をめぐって、その受容史をふまえ、定家の解釈を検討。定家説と和泉式部日記の一節に言及した。pp89-103
「定家と『俊頼髄脳』」 (査読付)単著2012年12月『和歌文学研究』第105号  俊頼髄脳の定家本について、その内容と定家との関係を検討し、定家の受容の意味を明らかにした。pp10-23
『俊頼髄脳』の異名単著2014年09月『日本文学とその周辺』思文閣出版大取一馬編  
歌語「しるしの杉」考単著2015年02月伏見稲荷大社「朱」第58号   
定家本『安元御賀記』をめぐって単著2016年02月『国文学論叢』第61輯   
『俊頼髄脳』と和歌起源単著2016年02月『古典文芸論叢』第8号   
『俊頼髄脳』〈短連歌作品集成〉考 (査読付)単著2016年12月和歌文学研究・第113号   
演奏会・展示会等
名称会場年月演奏等の内容
『和歌と物語』 2011年10月龍谷大学大宮図書館2011年度秋期展観図録
その他
書名単著・共著年月発行所、発表雑誌 (及び巻・号数)等の名称編者・著者(共著の場合のみ)該当ページ数概要
新編 私家集大成CDーROM版 2009年09月エムワイ企画  項目担当