プロフィール

 

教員基礎情報
氏名 千葉 真也(チバ シンヤ) 所属 共通教育センター / 大学
ローマ字 専攻
性別
生年月日 1954/01/01


学歴
入学卒業学校名学部・学科学位
 1976年03月京都大学文学部文学科文学士
 1979年03月京都大学大学院文学研究科(修士課程)国語国文学専攻 修了修士
 1982年03月京都大学大学院文学研究科(博士課程)国語国文学専攻 単位取得後退学 
職歴(相愛大学)
開始年月終了年月学校名所属職名授業名
1988年04月1990年03月相愛大学人文学部専任講師 
1990年04月1998年03月相愛大学人文学部助教授浪速の文学・日本文学概論
1998年04月2008年03月相愛大学人文学部教授日本語基礎論・浪速の文化・国語学演習
2008年04月現在に至る相愛大学共通教育センター教授浪速の文化・食文化論・日本文化概論A)
職歴(相愛大学以外)
開始年月終了年月学校名所属職名授業名
1982年04月1988年03月金蘭短期大学国文科専任講師国語表現法、文学概論
所属学会
日本近世文学会 / 鈴屋学会
学協会活動
開始年月終了年月所属役職名
1980年04月現在に至る日本近世文学会会員(現在に至る 『近世文藝』編集委員長 平成18年6月~19年5月) 
1988年04月現在に至る鈴屋学会会員(平成6年~現在まで常任委員。平成16年4月~19年3月まで『鈴屋学会報』編集委員長) 
授業科目等(現年度を含む過去3ヶ年)
年度学期授業名
2012後期大学生のための日本語入門(2)
2012前期大学生のための日本語入門(4)
2012前期日本語表現法(1)
2012後期日本語表現法(3)
2012後期食文化論
2012前期古典日本語
2012後期古典日本語
2012前期日本文化概論A
2012前期浪速の文化A
2012後期浪速の文化B
2012前期日本文学講読1A
2012後期日本文学講読1B
2012前期日本文化概論A
2012前期浪速の文化A
2012後期浪速の文化B
2013後期大学生のための日本語入門(2)
2013前期大学生のための日本語入門(4)
2013前期日本語表現法(1)
2013後期日本語表現法(3)
2013後期食文化論
2013前期古典日本語
2013後期古典日本語
2013前期日本文化概論A
2013前期浪速の文化A
2013後期浪速の文化B
2013前期日本文学講読1A
2013後期日本文学講読1B
2013前期日本文化概論A
2013前期浪速の文化A
2013後期浪速の文化B
2013前期日本文化概論
2014前期日本文化概論A
2014前期古典日本語
2014前期日本語表現法-1
2014前期大学生のための日本語入門-2
2014前期大学生のための日本語入門-3
2014前期日本文化概論
2014後期大学生のための日本語入門-9
2014後期日本語表現法-3
2014後期古典日本語
2014後期浪速の文学
2014後期浪速の文学
2014後期食文化論
2015前期日本文化概論A
2015前期大学生のための日本語入門(人)
2015前期日本語表現法(1)
2015前期大阪学入門
2015前期文章表現(1)
2015前期日本文化概論
2015後期浪速の文学
2015後期文章表現(3)
2015後期食文化論
2015後期浪速の文学
2015後期大学生のための日本語入門(栄)
2015後期大学生のための日本語入門(子)
2015後期日本語表現法(3)
2015後期浪速の文学
2016前期日本語表現法(1)
2016前期大学生のための日本語入門(人・留)
2016前期文章表現(1)
2016前期大阪学入門
2016前期日本文学研究法
2016前期日本文化概論
2016後期浪速の文学
2016後期ことばと文化
2016後期文章表現(2)
2016後期食文化論
2016後期大学生のための日本語入門(栄)
2016後期日本語表現法(2)
2016後期浪速の文学
その他の教育活動
年度学内学外
2010 公開講座「大阪から考える」講師(9月11日)
2011 大学・専修学校等オープン講座講師(8月5日)
2012FD研修会パネリスト(6月28日) 

教員研究業績
研究分野: 文学、哲学
研究キーワード: 日本文学、思想史、日本語学
職務上の実績に関する事項
免許・資格
日付免許・資格概要
 中学校教諭一級(国語)、高等学校教諭一級(国語) 
研究業績に関する事項
論文・解説等
書名単著・共著年月発行所、発表雑誌 (及び巻・号数)等の名称編者・著者(共著の場合のみ)該当ページ数概要
尾上本『万葉集問目』を論じて松坂の一夜に及ぶ単著2010年03月相愛大学研究論集 第26号 pp.265-285  第一に岩田隆氏の批判に答えて尾上兼英氏の所蔵のかかる『万葉集問目』が二度にわたる問答の初度の物であることを述べる。ついで『万葉集問目』の中に、いくつか、『万葉集問目』にも、真淵の著書などにも見えない宣長または真淵の説に対する言及があることを明らかにする。それらがもともと語られた場として真淵と宣長の唯一の出会いである「松坂の一夜」を想定し、宣長の『古事記』研究の初発の具体を明らかにした。
本居宣長『玉あられ』と『賀茂翁家集』(査読付き)単著2010年12月鈴屋学会報 第27号 pp.13-26  本居宣長の著書である『玉あられ』が賀茂真淵の和文の特徴的な用法に対する批判を含むことを、実例に則して明らかにした。その批判が村田春海や加藤千蔭など真淵門人の反発を招いて、論争を引き起こす経緯は、おおむね鈴木淳の述べるとおりである。鈴木は春海の宣長への反発をもっぱら強調するが、最終的に春海は宣長の指摘を受け入れたというのが本論の趣旨である。すなわち、『賀茂翁家集』の稿本と刊本とを精細に比較することで、最終的には『玉あられ』に従う形で真淵の文章に手を入れていることが知られるのである。
「物にゆく道」とは何か単著2011年03月相愛大学研究論集 第27号 pp.246-232  本居宣長を論ずるキーワードの一つ「物にゆく道」が小林秀雄、さかのぼって西田幾多郎『日本文化の問題』に由来することを明らかにした。さらに、この言葉が「どこかに行く道」という意味であって物自体を云々するような意味を持たないという相良亨の論を補強した。すなわち、相良の挙げた『玉勝間』に加えて、『石上稿』『鈴屋集』『玉あられ』などの宣長自身の著述、『古今和歌集』『拾遺和歌集』『遍昭集』『業平集』などの和歌集、江戸時代に著された『直毘霊』の注釈である賀島正根の『直霊考』などから用例を付け加えた。
その他
書名単著・共著年月発行所、発表雑誌 (及び巻・号数)等の名称編者・著者(共著の場合のみ)該当ページ数概要
書評 岩田隆著『宣長学論究』単著2008年12月国語と国文学 第85巻 12号   
書評 田中康二著『国学史再考』 : のぞきからくり本居宣長単著2012年12月鈴屋学会報 第29号