プロフィール

 

教員基礎情報
氏名 長谷川 精一(ハセガワ セイイチ) 所属 共通教育センター
ローマ字 専攻


学歴
入学卒業学校名学部・学科学位
1981年04月1986年03月京都大学法学部 
1986年04月1988年03月京都大学大学院教育学研究科修士課程(教育学専攻) 
1988年04月1992年03月京都大学大学院教育学研究科博士後期課程(教育学専攻) 
2004年05月現在に至る京都大学 博士(教育学)(京都大学)(論教博第111号)
職歴(相愛大学)
開始年月終了年月学校名所属職名授業名
1992年04月1994年03月相愛女子短期大学 非常勤教育原理、教育行政学
1994年04月1994年04月相愛女子短期大学教職課程講師教育原理、教育行政学、教育実習、道徳教育の研究、特別活動、人間と歴史Ⅱ
1997年04月1997年04月相愛女子短期大学教職課程助教授 
2000年04月2000年04月相愛女子短期大学人間関係学科助教授教育学、人間関係基礎論、人間関係基礎演習、教育関係の歴史、人間関係演習、卒業研究、英文講読
2004年04月2006年03月相愛女子短期大学 教授 
2006年04月2006年04月相愛大学人間発達学部子ども発達学科教授学校と教師、教育原理、教育原論、教育史、卒業研究
2012年04月現在に至る相愛大学共通教育センター教授 
職歴(相愛大学以外)
開始年月終了年月学校名所属職名授業名
1991年04月1998年03月大阪労災看護専門学校 非常勤教育学
1992年04月1994年03月京都大学 研修員 
1992年04月1997年03月奈良文化女子短期大学 非常勤教育原理、教育方法学
1992年04月1999年03月京都女子大学文学部家政学部非常勤教育史、教育原論
1994年09月1997年03月大阪女子大学学芸学部非常勤教育行政学
1997年04月1998年03月甲南大学文学部、法学部、経済学部非常勤日本文化史
1998年04月2008年03月立命館大学教職非常勤教育行政学
1999年04月2001年03月大阪キリスト教短期大学幼児教育学科非常勤教育原理
2003年04月現在に至る同志社大学文学部非常勤英書講読
2004年09月現在に至る同志社大学教職非常勤特別活動の研究
所属学会
教育史学会
社会貢献活動等
開始年月終了年月事項
2000年04月現在に至るレントオール奨学財団 理事
授業科目等(現年度を含む過去3ヶ年)
年度学期授業名
2012前期教育原論(1)
2012前期教育原論(2)
2012後期学校の制度と経営(1)
2012後期教育史
2012前期教育原論(1)
2012前期教育原論(2)
2012前期教育原理
2012前期教育原理(他学科)☆
2012前期教育原理
2012前期教育原理(他学科)
2012前期教育実習1(事前事後指導)
2012後期教育実習1(事前事後指導)
2012前期教育実習2(実地実習)
2012後期教育実習2(実地実習)
2012前期教育実習3(実地実習)
2012後期教育実習3(実地実習)
2012前期介護体験
2012前期教職総合演習(1)
2012前期教職総合演習(2)
2012後期教職総合演習(4)
2012後期教職総合演習(5)
2012後期教育史
2013前期学校と教師(1)
2013後期学校と教師(2)
2013前期教育原論(1)
2013前期教育原論(2)
2013後期教育原論(3)
2013後期教育史
2013前期教育原論(1)
2013前期教育原論(2)
2013後期教育原論(3)
2013前期学校と教師(1)
2013後期学校と教師(2)
2013前期教育実習1(事前事後指導)
2013後期教育実習1(事前事後指導)
2013前期教育実習2(実地実習)
2013後期教育実習2(実地実習)
2013前期教育実習3(実地実習)
2013後期教育実習3(実地実習)
2013前期介護体験
2013後期教職総合演習(1)
2013後期教職総合演習(2)
2013後期教育史
2013前期介護体験
2014前期学校と教師-1
2014前期教育原論-1
2014前期教育原論-2
2014前期教育原論-1
2014前期教育原論-2
2014前期学校と教師-1
2014前期教育実習1(事前事後指導)
2014前期介護体験
2014前期教育実習3(実地実習)
2014前期教育実習2(実地実習)
2014前期教職入門-1
2014後期教職入門-2
2014後期教職実践演習(中・高)-1
2014後期教職実践演習(中・高)-2
2014後期教育実習1(事前事後指導)
2014後期教育実習3(実地実習)
2014後期教育実習2(実地実習)
2014後期教育史
2014後期学校と教師-2
2014後期教育原論-3
2014後期教育原論-3
2015前期教育原論(1)
2015前期教育原論(2)
2015前期学校と教師(1)
2015前期教職入門(1)
2015前期介護体験
2015前期教育実習3(実地実習)
2015前期教育実習2(実地実習)
2015前期教育実習1(事前事後指導)
2015後期教育実習1(事前事後指導)
2015後期教育実習2(実地実習)
2015後期教育史
2015後期教育実習3(実地実習)
2015後期教職実践演習(中・高)(2)
2015後期教職実践演習(中・高)(1)
2015後期教職入門(2)
2015後期学校と教師(2)
2015後期教育原論(3)
2015後期学校と教師(2)
2016前期教職特別演習A
2016前期教育原論(1)
2016前期教育原論(2)
2016前期教職入門(1)
2016前期教職入門(1)
2016前期介護体験
2016前期教育実習2(実地実習)
2016前期教育実習3(実地実習)
2016前期教育実習1(事前事後指導)
2016後期教育実習1(事前事後指導)
2016後期教育実習2(実地実習)
2016後期教育実習3(実地実習)
2016後期教育史
2016後期教職実践演習(中・高)(1)
2016後期教職実践演習(中・高)(2)
2016後期教職入門(2)
2016後期教職入門(2)
2016後期教育原論(3)
2016後期教職特別演習B

教員研究業績
研究分野: 教育史、思想史
研究キーワード: 森有礼、福沢諭吉、沖縄、言語史
教育上の能力に関する事項
教育方法の実践例
開始年月終了年月表題概要
1995年04月現在に至る 相愛大学・相愛女子短期大学特別研究費助成(平成7年度)を受け、相愛女子短期大学の宮原清水教授(心理学担当)と共同で「大学における授業方法の改善」というテーマで、ディベート、視聴覚教材の積極的活用、ロール・プレイング、授業内の学生・教員の双方向的なレポート等、多様な授業方法の展開のための基礎的な文献、実施例の調査、模擬授業の実践を行い、特に教職課程科目の「教育原理」及び「教育行政学」において、その有効性について検討した。(その一部は、下記の論文8に発表した)。本学及び非常勤校での授業において、クラスの学生人数の大小に応じてこれらの方法上の工夫を採り入れ、好評を得ている。また、教職課程科目の「教育史」「教育行政学」「教育原理」において視覚障害、聴覚障害の学生を担当した際に、音声、映像を活用した教材作成、成績評価の方法を試みた。
研究業績に関する事項
著書
書名単著・共著年月発行所、発表雑誌 (及び巻・号数)等の名称編者・著者(共著の場合のみ)該当ページ数概要
『京都府会と教育政策』 「第一部 府会と京都府  第三章 府財政と 教育予算」共著1990年09月日本図書センター  本稿は、明治年間における京都府の財政と教育予算について考察したものであり、第一節において、「三部経済制」のもとでの京都府の財政を3つの時期に分けて分析し、第二節で、教育費の変遷、支出に対する教育費の割合、教育費の各費目に対する原案と決議予算の関係について検討した。 (本人担当部分)(P.205~P.224) (共著者名)本山幸彦、長谷川精一、小山常実、小股憲明、小林嘉宏、伊藤和男、小山静子、尾崎ムゲン、伊藤悦子、梶山雅史、三浦芳一、呉宏明、笹尾省二、中村隆文
『森有礼における国民的主体の創出』単著2006年11月思文閣出版  本著は、京都大学に提出し受理された博士論文に加筆修正を加えたものであり、森有礼の思想的・実践的な課題が国民的主体の創出にあったととらえる視角から、日本に国民的主体を創出するための森の方策、欧米諸国とアジアに対する森の外交論、「簡易英語採用論」にみられる森の言語観、「日本文化」の歴史的な独自性を説く森の歴史論、「自他並立」を説く『倫理書』にみられる森の道徳教育観、『代議政体論』に示された森の国家構想、国民統合のために天皇を「聖なる道具」とした森の論、という7つのテーマに即して、森の言説と政策の総体的な解釈を試みたものである。
『明治国家の精神史的研究』 「福沢諭吉における兵役の「平等」――徴兵論と兵役のがれの間」共著2007年09月以文社  福沢諭吉は『全国徴兵論』(1884年)において、日本国中に生まれた男子には、その職業を問わず、その家族の有り様を問わず、貧富を問わず、貴賤を問わず、平等に護国の責任を負担させるべきであると主張したが、その一方で彼が、自らの次男・捨次郎に関して、様々な画策をして見事に徴兵のがれに成功したことはあまり知られていない。本稿は、福沢のこの言論と実践との矛盾をどう考えるべきか、徴兵をめぐる福沢の言論と実際の行動とを追うことにより、何が見えてくるのか、を探ることを課題とする論考である。
『知の伝達メディアの歴史研究―教育像の再構築―』 「「沖縄言語論争」再考」共著2009年03月思文閣出版  標準語励行をめぐって柳らの民芸協会同人と沖縄県庁、沖縄の新聞、後には中央の知識人をも巻き込んで1940年に起こった論争が「沖縄言語論争」であり、当時の沖縄の人々の多くは、沖縄固有の文化的価値を認めその基礎となる沖縄語を尊重すべきだと説く柳らに猛反発して標準語励行を支持した。日本への言語的同化は日本政府の意を受けた県庁が「強制」しただけのものだったのか、沖縄の人々は何を望んでおり、この論争においては、いったい何が軋んでいたのか。本稿は、調和的で自己完結しており、失敗や障害なくして相互理解が可能となる均質的な言語・文化共同体への欲望という視点から、「沖縄言語論争」の再考を試みる論考である。
『人物で見る日本の教育』 「福沢諭吉」 「森有礼」共著2011年04月ミネルヴァ書房  近世日本、近代日本において、各時期の教育家、教育思想家たちが、時代の課題を担って、どのような学びと教えの可能性を追求指定してきたかを明らかにしようとする本書の中で、近代日本を代表する思想家とされる福沢諭吉と初代文部大臣となった森有礼に関する章を担当した。
論文・解説等
書名単著・共著年月発行所、発表雑誌 (及び巻・号数)等の名称編者・著者(共著の場合のみ)該当ページ数概要
森有礼の国家論単著 修士論文  京都大学   
福沢諭吉における天賦人権論と天賦能力論――徳育論の基礎としての人間観の分析単著1991年03月京都大学教育学部紀要 第37号   
森有礼とH.スペンサー――『倫理書』をめぐって単著1992年07月関西教育学会紀要、第16号   
森有礼の女性観と女子教育思想単著1993年03月相愛女子短期大学研究論集、第40巻   
福沢諭吉の女子教育論単著1993年08月関西教育学会紀要、第17号   
森有礼の代議政体論について単著1993年10月日本の教育史学、第36号、教育史学会   
森有礼のスペンサー理解(1)単著1995年03月相愛女子短期大学研究論集第42巻   
「教育原理」の授業 方法について単著1997年03月相愛女子短期大学研究論集第44巻   
森有礼の国家構想(1)単著1998年03月相愛女子短期大学研究論集第45巻   
外交官森有礼のアジア観――清鮮宗属関係と琉球帰属問題をめぐって単著1998年03月相愛女子短期大学研究論集45巻   
森有礼の国家構想(2)単著1999年03月相愛女子短期大学研究論集46巻   
森有礼の対欧米観単著1999年03月相愛女子短期大学研究論集46巻   
森有礼における「身体」からの教育と「規律」――師範学校の日常単著1999年05月平成10年度 相愛大学・相愛女子短期大学特別研究費助成研究成果報告書   
森有礼の「新生社」 体験単著1999年08月日本教育史研究、第18 号/日本教育史研究会   
森有礼の天皇論単著1999年09月社会思想史研究、第23号/社会思想史学会   
森有礼の道徳教育論単著2000年03月相愛女子短期大学『相愛女子短期大学研究論集』第47巻   
“Saisho-ron”(Discourse on Wives and Mistresses)by Arinori Mori単著2000年03月Lifelong Education and Libraries (No.1, March 2001. Department of Lifelong Education and Libraries, Graduate School of Education,     Kyoto University)   
森有礼における国民的主体の創出単著2001年03月相愛女子短期大学『相愛女子短期大学研究論集』第 48巻   
森有礼における「主体」形成――「新生社」体験と師範学校政策との相同性単著2002年03月相愛女子短期大学『相愛女子短期大学研究論集』第49巻   
森有礼・李鴻章会談をめぐる考察―外務省史料と中国側史料の比較を通じて単著2003年03月相愛女子短期大学『相愛女子短期大学研究論集』第50巻   
森有礼における国民的主体の創出単著2004年05月学位論文・博士(教育学)京都大学   
近代日本の知識人における天皇観共著2004年09月『大阪教育大学紀要』第Ⅴ部門 教科教育、第53巻第1号   
教職課程における学生相互の討論を用いた授業形態に関する一考察―「教育原理」、「教育行政学」、「道徳教育の研究」、「倫理学」の場合―」共著2005年09月『大阪教育大学紀要』第Ⅴ部門 教科教育、第55 巻第1号   
「沖縄言語論争」再考単著2007年03月『教育史フォーラム』第3号   
沖縄における標準語励行運動と教師―山城宗雄の教育実践―単著2008年03月『教育文化』第18号 同志社大学社会学部教育文化研究室   
資金等受入状況
研究資金
開始年月終了年月事項金額内容
2005年04月2005年03月科学研究費・基盤研究(B)「知の伝達メディアの歴史研究―教育史認識のメディア論的転回に向けて―」0教育を知の伝達メディアとしてとらえて従来の教育史研究の転換を図るこの共同研究において、研究分担者として、沖縄におけるメディアとしての言語のもつ意味に関して、標準語励行運動との関係から分析した。
2007年04月2007年03月科学研究費・挑戦的萌芽研究「地域文化の変容からみた近代教育システムの形成に関する比較史的研究」0沖縄、ブルターニュ、ヨルダンという3地域を対象にして、近代学校制度が敷設され定着していく過程を、地域言語に対する抑圧やナショナリズムの醸成という観点から比較考察し、従来の二項(日欧、東西)比較に替わる三項比較による研究の可能性を追求するこの共同研究において、研究分担者として沖縄の地域言語の歴史に関して担当した。
2012年04月2012年03月科学研究費・基盤研究(C)「言語教育と地域語の関係に関する比較史的研究)」0沖縄、ブルターニュ、ヨルダンという3つの地域における言語教育と地域語との関係を分析し、各地域での考察を相互検討することを通じて、新たな比較教育史を追究するこの共同研究において、研究代表者として研究全体の総括と、沖縄におけるいわゆる「標準語教育」に関する研究を行う。