プロフィール

 

教員基礎情報
氏名 初塚 眞喜子(ハツヅカ マキコ) 所属 人間心理学科 / 人文学科
ローマ字 専攻


学歴
入学卒業学校名学部・学科学位
 1976年03月奈良女子大学大学院文学研究科修士課程(心理学専攻)修了修士(文学)
職歴(相愛大学)
開始年月終了年月学校名所属職名授業名
2000年04月現在に至る相愛大学人文学部人間心理学科教授青年臨床心理学、カウンセリング論、発達心理学概説、異常心理学、パーソナリティの心理学、人間心理学実習(音楽療法、認知行動療法、対人関係のスキル等)等
所属学会
日本心理臨床学会 / 日本発達心理学会 / 日本心理学会 / 日本青年心理学会 / 日本教育心理学会、 / 日本保育学会 / 日本音楽療法学会 / 日本自閉症スペクトラム学会
学協会活動
開始年月終了年月所属役職名
1976年04月現在に至る日本心理学会会員(現在に至る) 
1978年04月現在に至る日本教育心理学会会員(現在に至る) 
1989年04月現在に至る日本発達心理学会会員(現在に至る) 
1991年04月現在に至る日本心理臨床学会会員(現在に至る) 
1991年04月現在に至る日本青年心理学会会員(現在に至る) 
2003年04月現在に至る日本保育学会(現在に至る) 
2005年04月現在に至る日本音楽療法学会会員(現在に至る) 
2012年06月現在に至る日本自閉症スペクトラム学会会員(現在に至る) 
授業科目等(現年度を含む過去3ヶ年)
年度学期授業名
2012前期卒業研究指導(2)
2012後期卒業研究指導(2)
2012前期人間心理学演習3(2)
2012後期人間心理学演習3(2)
2012前期人間心理学実習
2012後期人間心理学実習
2012前期青年臨床心理学A(A)(B)(C)
2012後期青年臨床心理学B(A)(B)(C)
2012前期異常心理学(A)(B)(C)
2012前期パーソナリティの心理学(A)(B)(C)
2013前期卒業研究指導(2)
2013後期卒業研究指導(2)
2013前期人間心理学演習3(2)
2013後期人間心理学演習3(2)
2013前期人間心理学実習
2013後期人間心理学実習
2013前期青年臨床心理学A
2013後期青年臨床心理学B
2013前期異常心理学
2013後期発達心理学
2013後期カウンセリング論
2013後期発達心理学概説
2014前期人間心理学実習
2014前期人間心理学演習3
2014前期異常心理学
2014前期卒業研究指導
2014前期カウンセリング論
2014前期生涯発達の臨床心理学(乳幼児期)
2014前期カウンセリング論Ⅰ
2014後期発達心理学概説
2014後期カウンセリング演習Ⅰ
2014後期卒業研究指導
2014後期人間心理学演習3
2014後期人間心理学実習
2014後期発達心理学
2014後期基礎演習B-3
2015前期人間心理学演習3
2015前期卒業研究指導
2015前期専門応用演習A
2015前期生涯発達の臨床心理学(乳幼児期)
2015後期心理学実習
2015後期心理学実習
2015後期カウンセリング演習Ⅰ
2015後期発達心理学概説
2015後期カウンセリング論Ⅰ
2015後期生涯発達の臨床心理学(青年期)
2015後期卒業研究指導
2015後期人間心理学演習3
2015後期発達心理学
2016前期生涯発達の臨床心理学(乳幼児期)
2016前期生涯発達の臨床心理学(青年期)
2016前期カウンセリング論Ⅰ
2016前期専門研究演習(6)
2016前期専門研究演習(6)
2016前期専門応用演習A(7)
2016後期卒業研究(6)
2016後期卒業研究(6)
2016後期発達心理学概説
2016後期カウンセリング演習Ⅰ
2016後期心理学実習
2016後期心理学実習

教員研究業績
研究分野: 臨床心理学 / 発達心理学 / 特別支援教育
研究キーワード: 生涯発達 / 親子関係(愛着関係) / 発達障害 / 心理療法(音楽療法)
教育上の能力に関する事項
教育方法の実践例
開始年月終了年月表題概要
2000年04月現在に至る・コミュニケーション力、チームワーク力、プレゼンテーション力など社会人基礎力を育むための取り組み就業との関係で社会人基礎力の重要性が指摘されていることにかんがみ、授業の中で、コミュニケーション力、チームワーク力、プレゼンテーション力、他者への共感性を育むことを重視している。具体的には、授業の節目節目で、適宜、グループワークやグループディスカッション、ロールプレイを実施するなどして、受講生同士のコミュニケーションを促し、受講生に自己理解・他者理解を深め、他者とのコミュニケーションのあり方を考える機会、チームでの課題解決を体験する機会を多く提供するように努めている。また、受講生が自分で考えたことを他者の前で発表する機会も設け、プレゼンテーション力の涵養にも努めている。
2000年04月現在に至る・教材の選定 ・評価方法教材については、教科書、参考書、プリント配布、ビデオ、CDの他に、パネル教材、絵本の形態をとった専門解説書を採用するなどして、専門分野の全体像や専門知識、概念をイメージで理解できるように工夫している。 評価は、1回のテストだけでなく、課題レポート、授業内で実施するショートレポートの評価を加味し、どの程度授業に積極的に参加しているか、どの程度主体的に学んでいるかを最終成績に反映されるようつとめている。ショートレポートの提出を求める際には、授業に対する意見や質問、要望を付記するように指示し、その内容を次回以降の授業にフィードバックするよう努めている。
作成した教科書、教材
開始年月終了年月表題概要
1993年10月現在に至る2. ビデオ教材 (1) 『お父さんもお母さんもお仕事』    和歌山県教育委員会・テレビ和歌山和歌山県教育委員会によるテレビ育児相談講座「すこやか子育て」のビデオ教材を作成した。 第1回「お父さんもお母さんもお仕事」では、仕事を持ちながら子育てをしている女性が増加している今日の保育環境を鑑みて子育て・家事、仕事の両立について検討した。 具体的には、育児のパートナーである父親とのコミュニケーションを軸に、母親も父親も共に「子育てを楽しむ」という観点から、短い時間でも豊かな関わりを展開してしく場合のポイントについて解説した。
1993年11月現在に至る(2) 『ことばと知恵』 和歌山県教育委員会・テレビ和歌山和歌山県教育委員会によるテレビ育児相談講座「すこやか子育て」のビデオ教材を作成した。 第2回「ことばと知恵」では、ことばの発達、知恵の発達の流れを具体的に解説しながら、ことばの発達、知恵の発達を豊かにしてゆく関わり方について検討した。具体的には、身体全体を使った“豊かな活動”と一緒に楽しむ“共感性”をキーワードとした。すなわち、手を使って外界に働きかける活動が大切でそのような活動を通して「現実として体験する世界」と「ことばの世界」をつなげて言語活動が豊かになってゆく、その過程において、身近にいる大人や仲間に受け止められ、一緒に楽しみ、一緒に感動する“共感性”が不可欠であることを解説した。
1994年10月現在に至る(3) 『抱っこで育つ』 和歌山県教育委員会・テレビ和歌山和歌山県教育委員会によるテレビ育児相談講座「すこやか子育て」のビデオ教材を作成した。 第3回「抱っこで育つ」では、愛着行動の代表的なものの一つである“抱っこ”について、“抱っこ”は、お母さんと赤ちゃんが互いに受け止め合っている基本的な姿である“抱きとめ合い”という観点から検討した。具体的には、お母さんと赤ちゃんの愛情の絆、信頼関係が成立してゆく過程を4つの段階に分けて解説した。すなわち、①赤ちゃんが受身的に抱かれている状態から、②お母さんとそれ以外の人を区別して、赤ちゃんの方から積極的に抱きついてくる、③“しつけ”を通して、お母さんと赤ちゃんの関係に質的な変化(葛藤)が生じ、④心の中のお母さんのイメージに支えられて、“抱っこ”を卒業する。以上の4つの過程を経て、お母さんと赤ちゃんの基本的な信頼関係が確立していくことを解説した。
1995年02月現在に至る(4) 『父、母の役割と協力(ママだよ、パパだよ)』 和歌山県教育委員会・テレビ和歌山和歌山県教育委員会によるテレビ育児相談講座「すこやか子育て」のビデオ教材を作成した。 第4回「父、母の役割と協力」では、従来、母子関係、母親の役割が重視されてきた子育ての問題は、今日、母親だけでなく、家族のメンバ-、特に父親の役割に関心が高まっており、子供の発達だけでなく、子育てを通した親自身の発達にも関心が集まってきている。この点に焦点をあてて、今日の子育てにおける母親の役割、父親の役割、夫婦のパートナーシップのあり方について検討し、「二人で育てる」、「二人で子育てを楽しむ」という感覚の大切さと日常生活での具体的な関わり方について解説した。
1997年04月現在に至る1. 教科書 (1) 『乳児保育総論』    保育出版社刊(川原佐公編)分担執筆(第3章3・4節) 「発達に影響する大人との関係」では、人への関心の始まり、母親との親密な関係、愛着行動の発達、抱っこの発達、父親との愛着関係、愛着のネットワークについて解説した。 「発達の見方ととらえ方」では、ゲゼルの診断的観察を基にした5領域と、一般に発達相談において指標とされている3領域からの発達理解について、さらに、外側から見た発達と内側から見た発達について解説した。
1997年06月現在に至る(2) 『育て、 はぐくむ、 かかわる』    北大路書房刊(倉戸ツギオ編)分担執筆(第9章1・2・4節) 生涯発達の視点から発達することの意味をとらえ直すと、重要なことは、何かができる能力やそのでき方の遅速ではなく、その人の能力や個性で日々の生活をいかに充実させてゆくではなく、その人の能力や個性で日々の生活をいかに充実させてゆくか、身近な人や事物とのかかわりを通してそれぞれの時期の存在価値を求めてゆくことである。子どもだけでなく、青年も大人も老人も、健常児も障害児もその基本にあるものは共通である。この観点から、発達とその障害についての理解や発達相談について解説した。また、筆者が5歳から23歳まで教育相談で関わってきたM事例を通し、「共に生き、自立をめざす」ことについて、家族のまとまり、余暇活動、夫婦のパートナーシップ地域社会での活動を中心に検討した。
1998年01月現在に至る(5)『愛着のネットワークづくり』 和歌山県教育委員会・テレビ和歌山和歌山県教育委員会によるテレビ育児相談講座「すこやか子育て」のビデオ教材を作成した。 第5回「愛着のネットワークづくり」では、愛着行動は乳幼児期に限定されているものではなく、母親との心の絆を基礎として、生涯を通して存続するものであること、現代社会における子育ては、家庭から地域へという育児のネットワークづくりが大切であること、この2点に焦点をあてた。生涯発達の中で愛着のネットワークづくりがどのように展開してゆくのか、愛着のネットワークが育児のネットワーク、社会的支援のネットワークに展開してゆく重要性について解説した。
2006年04月現在に至る(3) 『シードブック乳児保育』 建帛社刊(川原佐公・古橋紗人子編著)分担執筆(第2章3節) 愛着と自立の関係について、子どもが母親との間に築いていく基本的信頼感、そして不安からの保護と安全により培われる安心感、この2つの観点から解説した。また、愛着関係を具体的にどのように形成するかについて、「抱っこ」、「タッチケア」、「カンガルーケア」を中心に検討した。さらに、生涯にわたる絆としての愛着の問題について、近年、様々な研究が進められている「内的作業モデル」の考え方をもとに考察した。
2009年04月現在に至る(4) 『シードブック乳児保育(第2版)』 建帛社(川原佐公・古橋紗人子編著)分担執筆(第2章3節) 愛着と自立の関係について、子どもが母親との間に築いていく基本的信頼感、そして不安からの保護と安全により培われる安心感、この2つの観点から解説した。また、愛着行動を具体的にどのように形成するかについて、「抱っこの発達」、「タッチケア」、「カンガルーケア」を中心に検討した。さらに、生涯にわたる絆としての愛着の問題について、近年、様々な研究が進められている「内的作業モデル」の考え方をもとに、愛着の広がりと愛着のパートナー(対象者)としての保育者の役割について論じ、いかにして子どもとの間に安定した愛着関係を構築するかについて考察した。
2010年03月現在に至る(5)『赤ちゃんから学ぶ「乳児保育」の実践力―保育所・家庭で役立つ』 保育出版社(川原佐公監修・古橋紗人子編著)分担執筆(第2章) 母子関係・保育所保育と子どもの発達について、近年の発達心理学領域で注目されているアタッチメント理論に関する最新の研究成果を紹介しつ解説した。第2章1節「母子関係と子どもの発達」では、子どもが健全に発達していくためには母親による身体的ケアだけでなく情緒的ケアが不可欠であること、情緒的ケアの基本がアタッチメントであることを指摘し、アタッチメントが形成され深まっていくプロセスを解説した。第2節「乳児保育とアタッチメント」では、子どもが複数のアタッチメント対象者を持つこと、アタッチメントのネットワークを持つことの意義について説明し、保育所で乳児保育を担当する保育者がアタッチメントのネットーワークにおいて重要な位置を占めることを指摘した。その上で、アタッチメントの観点から乳児保育のあり方について論じた。
2010年10月現在に至る(6) 『シードブック乳児保育(第3版)』 建帛社(川原佐公・古橋紗人子編著)分担執筆(第2章3節) 愛着と自立の関係について、子どもが母親との間に築いていく基本的信頼感、そして不安からの保護と安全により培われる安心感、この2つの観点から解説した。また、愛着行動を具体的にどのように形成するかについて、「抱っこの発達」、「タッチケア」、「カンガルーケア」を中心に検討した。さらに、生涯にわたる絆としての愛着の問題について、近年、様々な研究が進められている「内的作業モデル」の考え方をもとに、愛着の広がりと愛着のパートナー(対象者)としての保育者の役割について論じ、いかにして子どもとの間に安定した愛着関係を構築するかについて考察した。
職務上の実績に関する事項
免許・資格
日付免許・資格概要
1973年3月1日(3) 小学校教諭一級普通免許大阪府教育委員会、昭48小1普第46号
1976年9月1日(4) ローランドRMSオルガン科講師電子オルガン認定講師資格(R4)
1991年3月1日(1) 臨床心理士財団法人日本臨床心理士資格認定協会、第2659号
2003年3月1日(2) 臨床発達心理士一般社団法人 臨床発達心理士認定運営機構、第00088号
研究業績に関する事項
著書
書名単著・共著年月発行所、発表雑誌 (及び巻・号数)等の名称編者・著者(共著の場合のみ)該当ページ数概要
シードブック乳児保育共著2006年04月建帛社  愛着と自立の関係について、子どもが母親との間に築いていく基本的信頼感、そして不安からの保護と安全により培われる安心感、この2つの観点から解説した。また、愛着関係を具体的にどのように形成するかについて、「抱っこ」、「タッチケア」、「カンガルーケア」を中心に検討した。さらに、生涯にわたる絆としての愛着の問題について、近年、様々な研究が進められている「内的作業モデル」の考え方をもとに考察した。 全181頁 編者:川原佐公・古橋紗人子 共著者: 担当部分:「第2章第3節 愛着と自立」 29 ~46頁
シードブック乳児保育(第2版)共著2009年04月建帛社  愛着と自立の関係について、子どもが母親との間に築いていく基本的信頼感、そして不安からの保護と安全により培われる安心感、この2つの観点から解説した。また、愛着行動を具体的にどのように形成するかについて、「抱っこの発達」、「タッチケア」、「カンガルーケア」を中心に検討した。さらに、生涯にわたる絆としての愛着の問題について、近年、様々な研究が進められている「内的作業モデル」の考え方をもとに、愛着の広がりと愛着のパートナー(対象者)としての保育者の役割について論じ、いかにして子どもとの間に安定した愛着関係を構築するかについて考察した。 全181頁 編者:川原佐公・古橋紗人子 共著者: 担当部分:「第2章第3節 愛着と自立」 29~46頁
赤ちゃんから学ぶ「乳児保育」の実践力―保育所・家庭で役立つ共著2010年03月保育出版社  母子関係・保育所保育と子どもの発達について、近年の発達心理学領域で注目されているアタッチメント理論に関する最新の研究成果を紹介しつ解説した。第2章1節「母子関係と子どもの発達」では、子どもが健全に発達していくためには母親による身体的ケアだけでなく情緒的ケアが不可欠であること、情緒的ケアの基本がアタッチメントであることを指摘し、アタッチメントが形成され深まっていくプロセスを解説した。第2節「乳児保育とアタッチメント」では、子どもが複数のアタッチメント対象者を持つこと、アタッチメントのネットワークを持つことの意義について説明し、保育所で乳児保育を担当する保育者がアタッチメントのネットーワークにおいて重要な位置を占めることを指摘した。その上で、アタッチメントの観点から乳児保育のあり方について論じた。 全215頁 編者:古橋紗人子 監修者:川原佐公 共著者: 担当部分:「第2章 母子関係はいつごろからできるの?―愛着と自立」 28~33頁
シードブック乳児保育(第3版)共著2010年10月建帛社  愛着と自立の関係について、子どもが母親との間に築いていく基本的信頼感、そして不安からの保護と安全により培われる安心感、この2つの観点から解説した。また、愛着行動を具体的にどのように形成するかについて、「抱っこの発達」、「タッチケア」、「カンガルーケア」を中心に検討した。さらに、生涯にわたる絆としての愛着の問題について、近年、様々な研究が進められている「内的作業モデル」の考え方をもとに、愛着の広がりと愛着のパートナー(対象者)としての保育者の役割について論じ、いかにして子どもとの間に安定した愛着関係を構築するかについて考察した。 全189頁 編者:川原佐公・古橋紗人子 共著者: 担当部分:「第2章第3節 愛着と自立」 29~46頁
論文・解説等
書名単著・共著年月発行所、発表雑誌 (及び巻・号数)等の名称編者・著者(共著の場合のみ)該当ページ数概要
音楽療法に関する一試案―同期の有効性の基礎的検討― (査読付き)単著2007年08月『心理臨床学研究』 第25巻第3号 362-367頁 日本心理臨床学会  本研究では、音楽を媒介としたコミュニケーションで生起する同期現象について、その音楽療法的効果の検討を試みた。具体的には、同期を含む音楽療法セッションを考案し、この音楽療法を通して得られる快適さ、リラクセーション効果を心理的指標及び生理的指標双方により評価した。受動的音楽療法と能動的音楽療法を組み合わせた音楽療法プログラムは、高齢者や障害を持つ対象者に適用していくためのアナログ研究として位置づけた。結果は、同期を含む音楽療法セッションにおいて、リラクセーション効果や快適さが増すことが心理量の評価として用いたマグニチュード推定法の結果から確認された。また、生理的指標として実施した皮膚温度測定の結果からリラクセーション効果が示唆された。さらに、マグニチュード推定法は、高齢者や障害者を対象とした音楽療法のアセスメントにおいて、時間的にも負担がなく、苦痛や違和感を与えない等、優れた評価法であることが示唆された。
自閉症スペクトラムを対象とした音楽療法について― AQを指標としたアナログ研究―単著2008年03月『相愛大学研究論集』 第24号 99-108頁  本研究は、高機能自閉症やアスペルガー症候群に対する音楽療法の効果について、自閉症スペクトラム指数(AQ)日本語版を指標として検討したものである。AQ得点の高い群と平均群の比較をするために大学生を対象としたアナログ研究を実施した。具体的には、同期を含む音楽療法セッションを設定し、AQ得点の高い群と平均群について、この音楽療法プログラムを通して得られる心地よさ、リラクセーション効果、自己評価を心理指標および生理指標の双方により評価した。その結果、AQ高群は、平均群と同様に、同期を含む音楽療法セッションにおいてリラクセーション効果が増すことがマグニチュード推定法の結果から推察された。今回のアナログ研究から、高機能自閉症やアスペルガー症候群の人たちに対しても、こうした集団音楽療法セッションが効果をもつ可能性が示唆された。
愛着理論と臨床領域―生涯にわたるアタッチメントの発達の視点から―単著2009年03月『相愛大学研究論集』 第25号 59-78頁  本研究では、愛着理論の研究とその臨床領域への応用について検討した。これまで主流であった発達心理学的アプローチに基づく愛着理論の知見を概観した上で、臨床領域にどのような形で応用されうるかを理論的な枠組みを中心に考察した。特に子ども虐待などの臨床活動において愛着理論からどのようにアプローチできるかについて注目した。愛着理論とアタッチメントの重要な意味をとらえなおした結果、臨床的支援のあり方について、アタッチメントとトラウマの区別の重要性、安全基地としての臨床実務家の役割の重要性が指摘された。臨床実務家がどのような条件を満たす必要あるかについて、愛着理論を前提とすると、一貫性・継続性をもって接すること、分離不安を与えないこと、敏感性をもって接することの大切さが示唆された。
アタッチメント(愛着)理論からアプローチする心理臨床-事例検討および支援のあり方に関する試論的考察-単著2010年03月『相愛大学研究論集』 第26号 51-75頁  本研究では、内外のアタッチメント理論に関する研究をレビューした上で、アタッチメント理論を応用した心理臨床のあり方について考察した。アタッチメント理論は、「安全基地」としてのアタッチメント対象者(発達早期の子どもの場合には、特定の養育者)との関係性が人の心身の発達やパーソナリティ特性に及ぼす影響について説明するものであるが、これを心理臨床にも適用・応用し、臨床心理士などの心理臨床家は「安全基地」としてのアタッチメント対象者との関係性が心の問題に与える影響を考慮に入れながら心理臨床活動を行うべきことを指摘した。
アタッチメント(愛着)理論から考える保育所保育のあり方単著2010年03月『人間発達学研究』 創刊号 1-16頁  本研究では、アタッチメント理論の立場から、子どもの健全な発達を促すための保育所保育のあり方とはどのようなものかを考察した。まず、アタッチメント関係の形成が母子関係から家族関係、そして保育所保育の枠組みへと広がりを見せているという近年の状況を紹介し、保育者との間で安定的なアタッチメント関係を形成することが子どもの社会性の健全な発達にとって重要であることを指摘した。その上で、アタッチメント理論の先行研究からどのような保育所保育の指針が導き出されうるのかを検討した。
音楽療法における「同期」の有効性について―マグニチュード推定法と皮膚温度によるリラクセーション効果の評価単著2012年03月『相愛大学研究論集』 第28号 139-154頁  本研究では、近年、脳神経科学や心理学などの領域で注目されている「同期」という概念について説明した上で、集団セッションによる音楽療法によって音・音楽・リズムを媒介とした「同期」によるリラクセーション効果をどの程度もたらすことができるのかを心理的指標および生理的指標によって評価した。その結果、音・音楽・リズムを媒介とした「同期」によってリラクセーション効果がもたらされることが示唆された。
憲法上の権利から考える自閉症スペクトラム障害(ASD)への支援のあり方―ASD当事者の「生き方」と特別支援教育を素材として― (査読付き)共著2013年03月『自閉症スペクトラム研究』 第10巻, 第1号  本研究では、日本国憲法の人権規定の解釈論を手がかりとして、自閉症、高機能自閉症、アスペルガー症候群等のASD当事者への支援のあり方について考察した。具体的には、まず、①最近のASD研究の動向と近年有力化している憲法13条の解釈論をあわせて考慮すると、ASD当事者が障害の克服や治療を強いられることなく、ありのままの存在として生きていけるように「社会を変えていくという形での支援」が重要であると指摘し、その観点から発達障害者支援法の問題点について検討した。その上で、②ASD当事者への特別支援教育においても、従来から行われてきた「社会適応の努力を求める方向での支援」、「ASD当事者が変わるための支援」に加えて、「ASD当事者が安全・安心感をもって学校生活を送ることができるように環境整備を行うという形での支援」をも充実させることが重要であると論じ、ASD当事者側がどのような支援を受けるかを自己決定によって選択できるようにすることが望ましいことを指摘した。
アタッチメント(愛着)理論から考える保育のあり方~子どもの健やかな発達を促す「良質な保育」の実践に向けて ~単著2016年12月慶應義塾大学出版会、「教育と医学」64巻12号 28-39頁本論では、アタッチメント(愛着)理論の視点から、「保育の質」の向上、「良質な保育」の実践のあり方について検討した。近年、保育所保育へのニーズがかつてない高まりを見せており、個々の子ども・家庭の状況に応じたきめ細かな保育実践が求められる中、どのようにして「保育の質」を確保するかという視点が重要となっている。そこで 本稿では、アタッチメント理論について、アタッチメント理論と保育について、アタッチメント理論から考える良質な保育のあり方について考察し、「良質な保育」の実践に向けて、情緒的ケア、情緒交流、安全基地、敏感性・応答性・一貫性といった事柄等、様々な観点から検討した。
その他
書名単著・共著年月発行所、発表雑誌 (及び巻・号数)等の名称編者・著者(共著の場合のみ)該当ページ数概要
子育て支援と臨床心理士の役割単著2005年10月和歌山県臨床心理士会 「子育て支援平成17年研修会」 (講師として研究報告)  子育て支援施策の現状や課題について、教育・福祉・保健の各分野の行政施策の現状と取り組み、さらに問題点を検討した。臨床現場でどのように子育て支援をしていけばよいかを、①母子心理臨床と子育て支援、②虐待と子育て支援、③発達障害と子育て支援、④乳幼児期の子育て支援、⑤児童期の子育て支援、⑥児童・青年期精神科の子育て支援、⑦子育て支援のコンサルテーション、⑧発達相談・健診フォローと子育て支援、⑨子育て支援策について具体的に検討した。
心理検査を通して子育て支援を考える単著2006年10月和歌山県臨床心理士会 「子育て支援平成18年研修会」 (講師として研究報告)  臨床心理士が臨床現場でどのように子育て支援をしていけばよいかを具体的に研修することを目的として以下のような研修を行った。具体的な内容は、①新版K式発達検査を中心にしたビデオ学習、②新版K式発達検査の子育て支援への活用の仕方についてのコメント、③事例検討を通して具体的な活用の紹介を行い、発達検査を通した心理臨床現場での活用の技能を高めていく。発達検査の実施法を学ぶというよりは、発達検査を使って子育て支援にどのようにつなげていくかを中心に検討した。
自閉症スペクトラムへの音楽療法の効果に関するアナログ研究―High-AQ群と平均AQ群の比較―単著2007年03月平成16, 17, 18年度科学研究費補助金(基礎研究B)研究成果報告書 (課題番号:16330192) 『高機能自閉症児およびADHD児の社性の評価と育成に関する研究』 70-76頁  本研究は、自閉症スペクトラム指数(AQ)日本語版を指標として、高機能自閉症やアスペルガー症候群に対する音楽療法の効果について、大学生を対象としたアナログ研究を実施した。具体的には、同期を含む集団音楽療法セッションを設定し、この音楽療法プログラムを通して得られる心地よさ、リラクセーション効果、自己評価などについて、心理指標および生理指標の双方により評価した。これらの結果について、AQ得点のHigh群と平均群の比較を通して考察した結果、High-AQ群は、平均AQ群と同様に、同期を含む音楽療法セッションにおいてリラクセーション効果が増すことがマグニチュード推定法の結果から示唆された。AQは、自閉症スペクトラムの指数で、High-AQ群の一部には、高機能自閉症やアスペルガー症候群が含まれている可能性もあるため、今回のアナログ研究から、高機能自閉症やアスペルガー症候群の人たちに対しても、こうした集団音楽療法セッションが効果をもつ可能性が示唆された。
音楽によるコミュニケーションにおける同期の有効性について―AQと質問紙による評価―単著2007年03月日本発達心理学会 第18回大会 (埼玉大学)  本研究では、音楽を媒介としたコミュニケーションで生起する同期現象が、社会性に困難を伴う人に対してどのような効果が得られるのかについて検討した。具体的には、同期を含む集団音楽療法セッションを設定し、この音楽療法プログラムを通して得られる心地よさ、リラクセーション効果、自己評価などについて、自閉症スペクトラムの指数AQの高い群と低い群について質問紙により評価した。その結果、音楽療法セッションの効果は、AQの低い群により有効である可能性が示された。同期の効果について、AQの高い群と低い群の質的な違いを配慮した検討が今後必要であることが示唆された。
自閉症スペクトラムを対象とした音楽療法について単著2007年09月日本心理学会 第71回大会 (東洋大学)  本研究では、自閉症スペクトラム指数(AQ)日本語版を指標として、高機能自閉症やアスペルガー症候群に対する音楽療法の効果について、大学生を対象としたアナログ研究を実施した。AQ得点のHigh群と平均群の比較を通して考察した結果、High-AQ群は、平均AQ群と同様に、同期を含む音楽療法セッションにおいてリラクセーション効果が増すことがマグニチュード推定法の結果から示唆された。この結果より、高機能自閉症やアスペルガー症候群の人たちに対して集団音楽療法セッションが効果をもつ可能性が示唆された。
音楽療法における同期の有効性の検討単著2007年09月日本心理臨床学会 第26回大会 (昭和女子大学)  本研究では、音楽を媒介としたコミュニケーションで生起する同期現象について、その音楽療法的効果の検討を試みた。具体的には、受動的音楽療法と能動的音楽療法を組み合わせた同期を含む音楽療法セッションを考案し、この音楽療法を通して得られる快適さリラクセーション効果を心理的指標及び生理的指標双方により評価した。その結果、同期を含む音楽療法セッションにおいて、リラクセーション効果や快適さが増すことが心理量の評価として用いたマグニチュード推定法の結果から確認された。また、生理的指標として実施した皮膚温度測定の結果からリラクセーション効果が示唆された。
発達障害への支援―社会性と自己コントロール能力のアセスメントと育成支援、高機能自閉症児とADHD児を中心に―単著2007年10月和歌山県臨床心理士会 「子育て支援平成19年研修会」 (講師として研究報告)  発達障害に対する臨床発達心理学的アプローチ、生理心理学的アプローチなどいくつかの実践研究報告を紹介し、学校や家庭などの臨床現場での支援に関する有効な知見を得ることをねらいとした。 第1セションでは、基礎講座として実践研究報告の紹介とアセスメントの検討を行った。第2セッションでは、現場の支援活動のあり方と問題点について検討した。第3セッションでは、総括討議を行った。これらを通して、臨床心理士が発達障害のある人々に対して支援活動を実践していくための基礎知識を共有し、円滑な社会生活を促進するための心理臨床的支援、医療的、福祉的、教育的支援など多角的・総合的なアプローチについて考察した。
子どもの発達の基本たどりなおし単著2007年12月和歌山県子ども・女性・障害者相談センター 「子どもの発達を考える研修会」 (講師として研究報告)  児童育成事業推進等対策事業の研修会として、子どもの発達をその基本に戻ってとらえ直すという観点から研修を行った。 発達のしくみ、発達の節を中心に、ヒトの特徴(個体発生と系統発生)から、発達の順序、粗大運動から微細な運動へ、タテへの発達とヨコへの発達、心と身体の発達の関わり、運動性、手―指、言語・人とのかかわり、日常生活における食事、排泄、衣服の着脱の自立と関わり方等について解説した。さらに、発達の節を中心とした発達の見方について、K式発達検査における診断基準と照らし合わせながら、具体的なビデオを通して解説した。母親への支援だけでなく、児童相談所職員、保健師、保育士、幼稚園教諭等が、より広い視野から共に協力することで子どもの発達をより多角的に把握し専門的な支援に繋げる方向で研修した。
乳幼児の発達の節(ふし)単著2008年02月和歌山県子ども・女性・障害者相談センター 「子どもの発達を考える研修会」 (講師として研究報告)  子どもの発達の基本を発達の節という観点からとらえ直すことを目的に研修を行った。具体的には、乳幼児の発達の全体像と発達の節について、10ヶ月頃、1歳半頃、4歳頃、7歳頃を対象に、発達の見方と発達の節の時期に起こりやすい問題について、具体的な様子をビデオを通して研修を行った。第1の節と第2の節の間は、発達は量的に変化をとげて次の段階の準備がなされて2つの世界が形成されること、第2の節と第3の節の間は、発達は量的に変化をとげて次の段階の準備がなされて3つの世界が形成されることなど、新しい世界の形成期では、主として「分化」が進み、発達の節(質的転換期)では、主として統合化が進んでいくこと等、発達の節を中心に子どもの発達を理解することを通して、子どもの見立てや発達の支援方法について研修した。
①音楽療法における同期の有効性について ②自閉症スペクトラムへの音楽療法の効果に関するアナログ研究単著2008年06月大阪大学「音楽の科学研究会」 研究報告  音楽療法における同期の有効性についての基礎研究を紹介した。具体的には、同期を含む集団音楽療法セッションを設定し、この音楽療法プログラムを通して得られる心地よさ、リラクセーション効果、自己評価などについて、心理指標および生理指標の双方により評価した実験研究の結果である。 また、自閉症児を対象とした音楽療法は、日本ではこれまでに、いろいろな報告があるが、知的障害のない自閉症スペクトラムの青年や成人を対象とした報告は少ない。自閉症スペクトラム指数(AQ)日本語版を指標として、高機能自閉症やアスペルガー症候群に対する音楽療法の効果について、大学生を対象としたアナログ研究についても紹介した。
子ども虐待と愛着理論―臨床的アプローチに向けて単著2008年10月和歌山県臨床心理士会 「子育て支援平成20年研修会」 (講師として研究報告)  従来、臨床領域の実践においては、愛着理論を取り入れていない、あるいは意識されないまま臨床活動が進められてきたが、今、愛着理論の研究と臨床領域への応用、特に子ども虐待、発達障害へのアプローチが注目されている。そこで、20年度の研修会では、今一度、愛着理論とアタッチメントの重要な意味をしっかりとらえ直して、子ども虐待に関する臨床活動において愛着理論から得られた情報をもとにどのようにアプローチできるかというテーマで検討し議論した。  第1部は、講義形式で、愛着理論の歴史の概観をふまえて、アタッチメントの研究の成果を整理しながら被虐待児の抱える問題にどのように介入していけるかについて検討した。第2部は、日本の児童虐待の歴史の概観と被虐待児の問題点をふまえて、具体的な事例をもとに愛着障害への治療的援助も含めて議論した。
自閉症スペクトラムへの音楽療法の効果に関するアナログ研究―High-AQ群と平均AQ群の比較―単著2009年07月「関西青年心理学研究会」 研究報告  近年、青年期においても高機能自閉症やアスペルガー症候群の存在が注目されており、その社会生活適応上の問題が指摘されている。高機能自閉症やアスペルガー症候群の人たちは、日常生活のさまざまな場面においてリラックスできる機会が少なく、ストレスに関して大きな問題を抱えている。自閉症児を対象とした音楽療法は、日本ではこれまでに、いろいろな報告があるが、知的障害のない自閉症スペクトラムの青年や成人を対象とした報告は少ない。  本研究会では、自閉症スペクトラム指数(AQ)日本語版を指標として、高機能自閉症やアスペルガー症候群に対する音楽療法の効果について、大学生を対象としたアナログ研究について紹介した。具体的には、音楽療法プログラムを通して得られる心地よさ、リラクセーション効果、自己評価などについて、心理指標および生理指標の双方により評価し、AQ得点のHigh群と平均群の比較を通して考察した結果、高機能自閉症やアスペルガー症候群においても音楽療法の効果が得られることが示唆されたことを報告した。
発達に障害のある子どもの聴覚過敏の特徴―その実態・原因・対応―共著2010年03月平成19,20,21年度科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書(課題番号19330210) 『自閉症児に理解しやすい音声指示のあり方の解明』 57-62頁  自閉症スペクトラム(自閉症、高機能自閉症、アスペルガー症候群等)やADHDなど発達に障害のある子どもの聴覚過敏の特徴について、実態の把握、原因の解明、支援の場面における対応のあり方について研究報告を行った。
自閉症スペクトラム障害の児童・生徒に対する特別支援教育のあり方―憲法の視点から考える―共著2012年08月自閉症スペクトラム学会第11回研究大会 (筑波大学)  自閉症、高機能自閉症、アスペルガー症候群などの自閉症スペクトラム障害(ASD)をもつ児童・生徒に対する特別支援教育のあり方について、ASD児・者の憲法上の権利、人権保障の観点から考察した。特別支援教育には、①ASDをありのままの個性ととらえ、その個性を尊重する方向で教育的支援を行うという「個性アプローチ」と、②ASDを克服・治療すべき対象と考えて定型発達児・者へのキャッチアップを目指す「標準化アプローチ」という2つの基本的立場があることを紹介した。その上で、日本国憲法13条が「幸福追求権」を保障する趣旨からすると「個性アプローチ」が望ましいが、他方で日本国憲法はASD児・者にも「勤労の権利」を保障していることからすると、ASD児・者の自己決定に基づく「標準化アプローチ」にも意味があることを指摘した。
資金等受入状況
研究資金
開始年月終了年月事項金額内容
1989年04月1989年03月科学研究費補助金(基盤研究(B)) 課題番号19330210 「自閉症児に理解しやすい音声指示のあり方の解明」300000聴覚などの感覚過敏を伴うことが多い自閉症児にとって理解しやすい音声指示のあり方の解明に関する共同研究に、研究分担者として参加。 研究成果報告書(平成22年3月)に、研究報告 「発達に障害のある子どもの聴覚過敏の特徴―その実態・原因・対応―」(57-62頁,共著)を掲載。
2014年04月2014年03月科学研究費補助金(基盤研究(B)) 課題番号23330271 「自閉症児に不安を与えない支援のあり方の検討」250000近年、脳神経科学や発達心理学などの領域において、安全・安心/不安・恐怖といった感情が人間の心身の発達に及ぼす影響について関心が集まっていることを踏まえて企画された、自閉症児に不安を与えない支援のあり方を検討する共同研究に、研究分担者として参加。安全・安心感をキーワードとするアタッチメント(愛着)の観点から、自閉症、高機能自閉症、アスペルガー症候群といった自閉症スペクトラム障害をもつ児童・生徒に不安を与えない支援のあり方についての研究を担当している。