プロフィール

 

教員基礎情報
氏名 沼田 潤(ヌマタ ジュン) 所属 大学
ローマ字 専攻
性別


学歴
入学卒業学校名学部・学科学位
2006年04月2008年03月同志社大学大学院総合政策科学研究科総合政策科学専攻博士前期課程修士(ヒューマン・セキュリティ)
2008年04月2014年03月同志社大学大学院社会学研究科教育学専攻博士後期課程博士(教育学)
職歴(相愛大学)
開始年月終了年月学校名所属職名授業名
2014年09月2016年03月相愛大学共通教育センター非常勤講師教育の方法と技術
2016年04月2019年03月相愛大学共通教育センター准教授教育の方法と技術、教職実践演習(中・高)、教職特別演習A、教職特別演習B、教育実習1(事前事後指導)、教育実習2(実地実習)、教育実習3(実地実習)、介護体験、大学生のための日本語入門
2019年04月現在に至る相愛大学人文学部准教授教育の方法と技術、異文化間教育論、教職実践演習(中・高)、教職特別演習A、教職特別演習B、教育実習1(事前事後指導)、教育実習2(実地実習)、教育実習3(実地実習)、介護体験、共生社会論、大学生のための日本語入門
所属学会
異文化間教育学会、日本教育方法学会、日本心理学会、日本教育心理学会、日本グローバル教育学会、教育文化学会、ろう教育科学会
学協会活動
開始年月終了年月所属役職名
2015年09月現在に至る日本グローバル教育学会理事
2015年09月現在に至る教育文化学会評議員
2016年04月現在に至るろう教育科学会常任委員
授業科目等(現年度を含む過去3ヶ年)
年度学期授業名
2016前期大学生のための日本語入門(音)
2016前期教育実習1(事前事後指導)
2016前期介護体験
2016前期教育実習2(実地実習)
2016前期教育実習3(実地実習)
2016前期教育の方法と技術(1)
2016前期教職特別演習A
2016後期教職特別演習B
2016後期教育の方法と技術(2)
2016後期教育実習3(実地実習)
2016後期教育実習2(実地実習)
2016後期教職実践演習(中・高)(1)
2016後期教職実践演習(中・高)(2)
2016後期教育実習1(事前事後指導)
2016後期大学生のための日本語入門(子)
2017前期多文化社会論入門
2017前期大学生のための日本語入門(音)
2017前期介護体験
2017前期教育実習3(実地実習)
2017前期教育実習1(事前事後指導)
2017前期教育実習2(実地実習)
2017前期教育の方法と技術(1)
2017前期教職特別演習A
2017後期教職特別演習B
2017後期教育の方法と技術(2)
2017後期教職実践演習(中・高)(1)
2017後期教職実践演習(中・高)(2)
2017後期教育実習1(事前事後指導)
2017後期教育実習2(実地実習)
2017後期教育実習3(実地実習)
2017後期大学生のための日本語入門(子)
2018前期大学生のための日本語入門(人・留)
2018前期教職特別演習A
2018前期介護体験
2018前期教育実習3(実地実習)
2018前期教育実習1(事前事後指導)
2018前期教育実習2(実地実習)
2018前期教育の方法と技術(1)
2018後期教育の方法と技術(2)
2018後期異文化間教育論
2018後期教職実践演習(中・高)(2)
2018後期教育実習2(実地実習)
2018後期教育実習1(事前事後指導)
2018後期教育実習3(実地実習)
2018後期教職実践演習(中・高)(1)
2018後期教職特別演習B
2018後期大学生のための日本語入門(音)
2019前期共生社会論
2019前期大学生のための日本語入門(2)
2019前期基礎演習A(6)
2019前期介護体験
2019前期教育実習3(実地実習)
2019前期教育実習1(事前事後指導)
2019前期教育実習2(実地実習)
2019前期教職特別演習A
2019前期教育の方法と技術(1)
2019後期教育の方法と技術(2)
2019後期教職実践演習(中・高)(2)
2019後期異文化間教育論
2019後期教職特別演習B
2019後期教育実習2(実地実習)
2019後期教育実習1(事前事後指導)
2019後期教育実習3(実地実習)
2019後期教職実践演習(中・高)(1)

教員研究業績
研究分野: 異文化間教育、教育方法学
研究キーワード: 異文化理解、多文化共生、教育方法
研究業績に関する事項
著書
書名単著・共著年月発行所、発表雑誌 (及び巻・号数)等の名称編者・著者(共著の場合のみ)該当ページ数概要
『多文化共生に向けての異文化理解教育論』単著2015年09月ユニオンプレス 202本書は、異文化理解を促すために、いかなる教育方法が有効かを明らかにすることを目的としている。社会的少数派としての外国人の視点を取得させる「手紙課題」により、外国人に対する共感を高める教育方法、外国人研修生に対する一方的・高圧的な差別的意見に対する反論を書く課題や、穏健主張を用いた多文化共生の必要性を説くメッセージの方法論を通じて、多文化共生に対する関心を高める教育方法、肯定的なイメージを与える写真呈示によって、否定的なイメージをもたれている外国に対する偏見を低減する教育方法等を提示して、多文化共生に対する関心を高め、異文化理解に関する諸問題への批判的思考を育む上で効果をもつと考えられる教育方法の開発を試みた。
『新しい教職基礎論』共著2018年02月サンライズ出版金子邦秀監修38-45担当執筆箇所「第2章 学習指導要領と教員の職務 第4節 新学習指導要領と教科指導・教科外指導 1. 各教科と教科外活動」
論文・解説等
書名単著・共著年月発行所、発表雑誌 (及び巻・号数)等の名称編者・著者(共著の場合のみ)該当ページ数概要
「日本の教育政策における異文化理解教育の位置付け-問題点と今後の方向性に関する一考察-」単著2009年03月『評論・社会科学』第88号 193-225 
「日本人大学生の異文化理解に関する質問紙調査-異文化理解の意識に関わる諸要因の基礎研究-」単著2010年03月『評論・社会科学』第91号 169-186 
「多文化共生の実現に向けた異文化理解の理論に関する研究-倉地の文化観に基づく異文化理解の考察-」単著2011年03月『教育文化』20号 59-80 
「ネガティブなイメージを持たれている外国に対する偏見を低減する写真提示の効果」共著2011年12月『人間環境学研究』9巻2号沼田潤・井上智義・朱虹53-62 
「日本人大学生における異文化理解の現状」単著2012年12月『人間環境学研究』10巻2号 55-63 
“Effects of a letter-writing task on empathy toward Japanese-Brazilians as out-group members: An educational method for intercultural understanding in universities and colleges”単著2013年03月Psychologia(Vol.56・No.1) 45-56 
「外国人への共感を高める視点取得課題の効果‐異文化理解の個人差に着目して」単著2014年01月『評論・社会科学』第107号 55-74 
“Educational methods for increasing interest in multicultural coexistence: Effects of an emotional essay and a counterargument task concerning foreign trainees in Japan.”単著2014年03月『教育文化』第23号 45-62 
「グローバル化時代の道徳カリキュラム開発に向けた基礎研究-視点取得と自尊感情に着目した協調学習を取り入れて-」共著2016年03月『グローバル教育』第18号奥野浩之・沼田潤19-36 
「異文化理解に与える有能感の影響-児童期・青年期にふさわしい教育方法を探る」単著2016年03月『教育文化』第25号 31-45 
「教職を目指す大学生の手話理解を深める教育方法と教材の活用-特別の支援が必要な幼児、児童及び生徒への理解を促す教育方法に関する基礎研究-」共著2017年10月『ろう教育科学』59巻3号沼田潤・井上智義93-107 
「中等教育における異文化理解を目指したアクティブラーニング型授業に関する一考察-協働学習におけるグループ構成に着目して-」共著2018年03月『教育文化』第27号沼田潤・奥野浩之158-175 
「外国人児童生徒の学習環境への理解に基づく支援のあり方-大阪市内の日本語交流教室の事例から-」共著2018年03月『相愛大学研究論集』34巻1号沼田潤・鎹純香13-21 
「特別支援学校における音楽教育の取り組み-情報機器を活用した自己表現力を高める教育方法-」共著2018年03月『相愛大学研究論集』34巻1号沼田潤・義則華子7-12 
「『特別活動』・『総合的な学習の時間』における主体的・対話的な学びを促す教育方法」共著2018年03月『相愛大学研究論集』34巻1号沼田潤・長谷川精一23-27 
「『特別活動』の指導法における協働的な教育方法の可能性」共著2018年03月『相愛大学研究論集』34巻2号長谷川精一・沼田潤47-52 
「地域における『顔の見える関係』を基盤とした外国人児童・生徒への支援-静岡県磐田市多文化交流センター(名称:『こんにちは!』)の事例から-」共著2019年03月『相愛大学研究論集』35巻沼田潤・鎹純香23-28 
「教員養成にかかる『介護等体験』授業の取り組み-『介護等体験』授業で「車いす体験」「アイマスク体験」がなぜ必要か-」共著2019年03月『相愛大学研究論集』35巻長谷川精一・雲井稔・沼田潤29-34 
資金等受入状況
研究資金
開始年月終了年月事項金額内容
2018年04月2021年03月「共生社会の実現を目指す「総合的な学習の時間の指導法」の教職教育プログラムの開発」3510000日本学術振興会科学研究費補助金(基盤研究(C))、研究課題番号:18K02597 、研究代表者:沼田潤
2018年04月2021年03月「環境共生社会を見据えた市民としての資質向上を目指す融合型大学教育プログラムの開発」3380000日本学術振興会科学研究費補助金(基盤研究(C))、研究課題番号:18K02375 、研究代表者:林隆紀