プロフィール

 

教員基礎情報
氏名 沼田 潤(ヌマタ ジュン) 所属 共通教育センター
ローマ字 専攻
性別


学歴
入学卒業学校名学部・学科学位
2006年04月2008年03月同志社大学大学院総合政策科学研究科総合政策科学専攻博士前期課程修士(ヒューマン・セキュリティ)
2008年04月2014年03月同志社大学大学院社会学研究科教育学専攻博士後期課程博士(教育学)
職歴(相愛大学)
開始年月終了年月学校名所属職名授業名
2014年09月2016年03月相愛大学共通教育センター非常勤講師教育の方法と技術
2016年04月現在に至る相愛大学共通教育センター准教授教育の方法と技術、教職実践演習(中・高)、教職特別演習A、教職特別演習B、教育実習1(事前事後指導)、教育実習2(実地実習)、教育実習3(実地実習)、介護体験、大学生のための日本語入門
授業科目等(現年度を含む過去3ヶ年)
年度学期授業名
2016前期教育の方法と技術(1)
2016前期教育実習2(実地実習)
2016前期教育実習3(実地実習)
2016前期教育実習1(事前事後指導)
2016前期介護体験
2016前期大学生のための日本語入門(音)
2016前期教職特別演習A
2016後期教職特別演習B
2016後期大学生のための日本語入門(子)
2016後期教育実習3(実地実習)
2016後期教職実践演習(中・高)(1)
2016後期教職実践演習(中・高)(2)
2016後期教育実習1(事前事後指導)
2016後期教育実習2(実地実習)
2016後期教育の方法と技術(2)

教員研究業績
研究分野: 教育方法学
研究キーワード: 異文化理解、アクティブ・ラーニング
研究業績に関する事項
著書
書名単著・共著年月発行所、発表雑誌 (及び巻・号数)等の名称編者・著者(共著の場合のみ)該当ページ数概要
多文化共生に向けての異文化理解教育論単著2015年09月ユニオンプレス 202本書は、異文化理解を促すために、いかなる教育方法が有効かを明らかにすることを目的としている。社会的少数派としての外国人の視点を取得させる「手紙課題」により、外国人に対する共感を高める教育方法、外国人研修生に対する一方的・高圧的な差別的意見に対する反論を書く課題や、穏健主張を用いた多文化共生の必要性を説くメッセージの方法論を通じて、多文化共生に対する関心を高める教育方法、肯定的なイメージを与える写真呈示によって、否定的なイメージをもたれている外国に対する偏見を低減する教育方法等を提示して、多文化共生に対する関心を高め、異文化理解に関する諸問題への批判的思考を育む上で効果をもつと考えられる教育方法の開発を試みた。