プロフィール

 

教員基礎情報
氏名 品川 英朗(シナガワ ヒデオ) 所属 発達栄養学科
ローマ字 専攻


職歴(相愛大学)
開始年月終了年月学校名所属職名授業名
2016年04月現在に至る相愛大学人間発達学部発達栄養学科教授 
授業科目等(現年度を含む過去3ヶ年)
年度学期授業名
2016前期管理栄養士演習B
2016前期管理栄養士演習D(7)
2016前期卒業研究(7)
2016前期ライフステージ栄養学A(A)
2016前期ライフステージ栄養学A(B)
2016前期病理学
2016前期ベ-シックセミナ-(3)
2016後期ライフステージ栄養学実習(B)
2016後期ライフステージ栄養学実習(A)
2016後期ライフステージ栄養学B(A)
2016後期ライフステージ栄養学B(B)
2016後期卒業研究(7)
2016後期管理栄養士演習D(7)
2016後期栄養疫学特別研究

教員研究業績
研究分野: 生体医用工学 / 口腔機能学 / ライフステージ栄養学
研究キーワード: 摂食・嚥下、MRI、ライフステージ
研究業績に関する事項
著書
書名単著・共著年月発行所、発表雑誌 (及び巻・号数)等の名称編者・著者(共著の場合のみ)該当ページ数概要
『社会脳シリーズ』第5巻 ~報酬を期待する脳~共著2014年03月新曜社西條辰義、品川英朗 他  
人間行動と市場デザイン [フロンティア実験社会科学]共著2016年06月勁草書房西條辰義、品川英朗 他  
論文・解説等
書名単著・共著年月発行所、発表雑誌 (及び巻・号数)等の名称編者・著者(共著の場合のみ)該当ページ数概要
Human tongue muscle fiber tracking during rest and tongue protrusion with oral appliances: A preliminary study with diffusion tensor imaging. 共著2008年06月Acoust. Sci. & Tech. 29: 291-294Hideo Shinagawa, E.Z. Murano, J. Zhuo, B. Landman, R.P. Gullapalli, J.L. Prince, M. Stone.  
Effect of oral appliances on genioglossus muscle tonicity seen with diffusion tensor imaging: A pilot study.共著2009年07月Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology, Oral Radiology and Endodontology 107(3): 57-63Hideo Shinagawa, E.Z. Murano, J. Zhuo, B. Landman, R.P. Gullapalli, J.L. Prince, M. Stone.  
Application of Diffusion Tensor Imaging After Glossectomy. 共著2010年08月Otolaryngology Head and Neck Surgery. 143(2):304-306E.Z. Murano, Hideo Shinagawa, J. Zhuo, R.P. Gullapalli, R.A. Ord, J.L. Prince, M. Stone.   
Using Economic Games to Investigate the Neural Substrates of Cognitive Processes.共著2013年03月American Journal of Clinical Medicine Research, 1(4):71-74.M. Nagatsuka, Hideo Shinagawa*, Y. Okano, Y. Kitamura, T. Saijo. *corresponding author  
Protective Activity of Antioxidants in the Hypothalamic Paraventricular Nuclei of Chronic Restraint-Stressed Mice.共著2013年03月J Life Sci. Res. 11:1-4Hideo Shinagawa, M. Yamano, T. Saijo, M. Muratsugu.  
Exposure mild-level LED light induces retina edema.共著2014年03月 J Life Sci. Res. 12:15-19M. Kawate, A. Kinoshita, Hideo Shinagawa, M. Yamano.  
資金等受入状況
研究資金
開始年月終了年月事項金額内容
2009年04月2011年03月文部省科学研究費 若手研究(スタートアップ) 研究代表者2574000「快・不快情動生成のメカニズムの解明-磁気共鳴画像法(MRI)による検討-」
2012年04月2014年03月文部省科学研究費 若手研究(B)研究代表者4160000「マルチモダリティーによる情動生成のメカニズムの解明」