プロフィール

 

教員基礎情報
氏名 品川 英朗(シナガワ ヒデオ) 所属 発達栄養学科
ローマ字 専攻


職歴(相愛大学)
開始年月終了年月学校名所属職名授業名
2016年04月現在に至る相愛大学人間発達学部発達栄養学科教授 
授業科目等(現年度を含む過去3ヶ年)
年度学期授業名
2016前期ベーシックセミナー(3)
2016前期病理学
2016前期ライフステージ栄養学A(A)
2016前期ライフステージ栄養学A(B)
2016前期卒業研究(7)
2016前期管理栄養士演習D(7)
2016前期管理栄養士演習B
2016後期管理栄養士演習D(7)
2016後期卒業研究(7)
2016後期栄養疫学特別研究
2016後期ライフステージ栄養学B(A)
2016後期ライフステージ栄養学B(B)
2016後期ライフステージ栄養学実習(A)
2016後期ライフステージ栄養学実習(A)
2016後期ライフステージ栄養学実習(B)
2016後期ライフステージ栄養学実習(B)
2017前期ベーシックセミナー(3)
2017前期病理学(A)
2017前期病理学(B)
2017前期卒業研究(7)
2017前期管理栄養士演習B
2017前期管理栄養士演習D(7)
2017前期ライフステージ栄養学A(A)
2017前期ライフステージ栄養学A(B)
2017前期病理学(A)
2017前期病理学(B)
2017後期ライフステージ栄養学B(A)
2017後期ライフステージ栄養学B(B)
2017後期ライフステージ栄養学実習(A)
2017後期ライフステージ栄養学実習(A)
2017後期ライフステージ栄養学実習(B)
2017後期ライフステージ栄養学実習(B)
2017後期管理栄養士演習D(7)
2017後期栄養疫学特別研究
2017後期卒業研究(7)
2018前期疾病の成り立ち(A)
2018前期疾病の成り立ち(B)
2018前期病理学(A)
2018前期病理学(B)
2018前期管理栄養士演習B
2018前期管理栄養士演習D
2018前期卒業研究
2018前期ライフステージ栄養学A(A)
2018前期ライフステージ栄養学A(B)
2018前期病理学(A)
2018前期病理学(B)
2018前期ベーシックセミナー(3)
2018後期ライフステージ栄養学B(A)
2018後期ライフステージ栄養学B(B)
2018後期ライフステージ栄養学実習(A)
2018後期ライフステージ栄養学実習(A)
2018後期ライフステージ栄養学実習(B)
2018後期ライフステージ栄養学実習(B)
2018後期卒業研究
2018後期管理栄養士演習D
2018後期栄養疫学特別研究
2019前期人体の構造(解剖学)(A)
2019前期人体の構造(解剖学)(B)
2019前期疾病の成り立ち(A)
2019前期疾病の成り立ち(B)
2019前期病理学(A)
2019前期病理学(B)
2019前期卒業研究
2019前期管理栄養士演習D
2019前期解剖学(A)
2019前期解剖学(B)
2019前期ライフステージ栄養学A(A)
2019前期ライフステージ栄養学A(B)
2019前期管理栄養士演習B
2019後期ライフステージ栄養学B(A)
2019後期ライフステージ栄養学B(B)
2019後期管理栄養士演習D
2019後期卒業研究
2019後期食と健康

教員研究業績
研究分野: 生体医用工学 / 口腔機能学 / ライフステージ栄養学
研究キーワード: 摂食・嚥下、MRI、ライフステージ
研究業績に関する事項
著書
書名単著・共著年月発行所、発表雑誌 (及び巻・号数)等の名称編者・著者(共著の場合のみ)該当ページ数概要
『社会脳シリーズ』第5巻 ~報酬を期待する脳~共著2014年03月新曜社西條辰義、品川英朗 他  
人間行動と市場デザイン [フロンティア実験社会科学]共著2016年06月勁草書房西條辰義、品川英朗 他  
論文・解説等
書名単著・共著年月発行所、発表雑誌 (及び巻・号数)等の名称編者・著者(共著の場合のみ)該当ページ数概要
Human tongue muscle fiber tracking during rest and tongue protrusion with oral appliances: A preliminary study with diffusion tensor imaging. 共著2008年06月Acoust. Sci. & Tech. 29: 291-294Hideo Shinagawa, E.Z. Murano, J. Zhuo, B. Landman, R.P. Gullapalli, J.L. Prince, M. Stone.  
Effect of oral appliances on genioglossus muscle tonicity seen with diffusion tensor imaging: A pilot study.共著2009年07月Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology, Oral Radiology and Endodontology 107(3): 57-63Hideo Shinagawa, E.Z. Murano, J. Zhuo, B. Landman, R.P. Gullapalli, J.L. Prince, M. Stone.  
Application of Diffusion Tensor Imaging After Glossectomy. 共著2010年08月Otolaryngology Head and Neck Surgery. 143(2):304-306E.Z. Murano, Hideo Shinagawa, J. Zhuo, R.P. Gullapalli, R.A. Ord, J.L. Prince, M. Stone.   
Using Economic Games to Investigate the Neural Substrates of Cognitive Processes.共著2013年03月American Journal of Clinical Medicine Research, 1(4):71-74.M. Nagatsuka, Hideo Shinagawa*, Y. Okano, Y. Kitamura, T. Saijo. *corresponding author  
Protective Activity of Antioxidants in the Hypothalamic Paraventricular Nuclei of Chronic Restraint-Stressed Mice.共著2013年03月J Life Sci. Res. 11:1-4Hideo Shinagawa, M. Yamano, T. Saijo, M. Muratsugu.  
Exposure mild-level LED light induces retina edema.共著2014年03月 J Life Sci. Res. 12:15-19M. Kawate, A. Kinoshita, Hideo Shinagawa, M. Yamano.  
資金等受入状況
研究資金
開始年月終了年月事項金額内容
2009年04月2011年03月文部省科学研究費 若手研究(スタートアップ) 研究代表者2574000「快・不快情動生成のメカニズムの解明-磁気共鳴画像法(MRI)による検討-」
2012年04月2014年03月文部省科学研究費 若手研究(B)研究代表者4160000「マルチモダリティーによる情動生成のメカニズムの解明」