プロフィール

 

教員基礎情報
氏名 松島 京(マツシマ キョウ) 所属 子ども発達学科
ローマ字 Kyo MATSUSHIMA 専攻


学歴
入学卒業学校名学部・学科学位
1992年04月1996年03月立命館大学産業社会学部学士(社会学)
1997年04月1999年03月立命館大学大学院社会学研究科博士課程前期課程修士(社会学)
1999年04月2002年03月立命館大学大学院社会学研究科博士課程後期課程博士(社会学)
職歴(相愛大学)
開始年月終了年月学校名所属職名授業名
2016年04月現在に至る相愛大学人間発達学部子ども発達学科准教授児童家庭福祉、保育課程論、保育者論、社会的養護、他
職歴(相愛大学以外)
開始年月終了年月学校名所属職名授業名
1999年04月2002年03月立命館大学産業社会学部第1号助手 
2002年10月2007年03月立命館大学産業社会学部・文学部非常勤講師英語文献研究、情報処理、心のケア、社会と福祉、現代家族論、世界の子どもと権利保障、ボランティア情報・調査演習、ボランティア活動支援演習
2002年11月2003年05月立命館大学 チェアリサーチアソシエート 
2003年04月2006年03月立命館大学衣笠総合研究機構ポストドクトラルフェロー 
2004年04月2007年03月京都女子大学現代社会学部非常勤講師マルチメディア演習I、マルチメディア演習II
2005年04月2007年03月近畿大学九州短期大学通信教育部非常勤講師児童家庭福祉
2005年04月2007年03月梅花女子大学現代人間学部非常勤講師人権問題論入門
2005年04月2007年03月畿央大学健康科学部非常勤講師社会福祉論
2006年04月現在に至る立命館大学衣笠総合研究機構客員協力研究員 
2007年04月2008年03月環太平洋大学次世代教育学部乳幼児教育学科講師社会福祉学
2008年04月2012年03月近大姫路大学教育学部こども未来学科講師社会福祉論、家庭支援論、児童家庭福祉、他
2008年04月現在に至る立命館大学産業社会学部非常勤講師臨床人間学、世界の子どもと権利保障、家族社会学、他
2012年04月2016年03月近大姫路大学教育学部こども未来学科准教授 
2013年04月2016年03月近大姫路大学人文学・人権教育研究所研究員 
2013年04月現在に至る兵庫教育大学学校教育学部非常勤講師現代社会と家族問題
2016年04月2017年03月姫路大学教育学部こども未来学科通信教育課程非常勤講師社会福祉論、家庭支援論、児童家庭福祉、福祉と養護、相談支援、社会学
2016年04月現在に至る姫路大学人文学・人権教育研究所嘱託研究員 
所属学会
日本社会学会、日本保健医療社会学会、日本家族社会学会、日本保育学会、対人援助学会、関西教育学会、日本子育て学会、日本発達心理学会、日本保育者養成教育学会、日本医療福祉政策学会
学協会活動
開始年月終了年月所属役職名
2015年04月現在に至る日本子育て学会「子育て研究」編集委員
社会貢献活動等
開始年月終了年月事項
2008年07月2009年03月兵庫県人権啓発協会平成20年度研究推進委員
2011年05月2011年12月姫路市第21回男女共同参画全国都市会議inひめじ実行委員
2012年05月2016年06月一般社団法人全国保育士養成協議会専門委員 副委員長
2012年06月2013年03月姫路市子ども・子育て新システム準備会議委員
2013年07月2014年06月姫路市男女共同参画プラン推進懇話会委員
2014年07月現在に至る姫路市男女共同参画審議会委員
2015年02月2017年09月日本学術会議特任連携会員(心理学・教育学委員会・臨床医学委員会・健康・生活科学委員会・環境学委員会・土木工学・建築学委員会合同 子どもの成育環境分科会)
2016年06月現在に至る一般社団法人全国保育士養成協議会 保育実習指導のミニマムスタンダード編集委員
2017年06月現在に至る宝塚市こども審議会委員
受賞歴
受賞年月事項受賞者
2016年06月一般社団法人全国保育士養成協議会 功労者表彰 
授業科目等(現年度を含む過去3ヶ年)
年度学期授業名
2016前期保育課程論
2016前期保育・教育実践学習
2016前期保育・教育インターンシップ
2016前期社会的養護
2016前期子ども学基礎演習
2016前期子ども学専門演習
2016前期保育・教育マネジメント
2016前期保育実習Ⅱ
2016前期保育実習Ⅱの指導
2016前期保育所実習
2016後期保育所実習
2016後期保育実習Ⅱの指導
2016後期保育実習Ⅱ
2016後期保育・教育マネジメント
2016後期子ども学専門演習
2016後期児童家庭福祉
2016後期保育・教育インターンシップ
2016後期保育・教育実践学習
2016後期卒業研究(3)
2016後期保育内容A(総合)(A)
2016後期保育内容A(総合)(B)
2016後期日本語コミュニケーション(A)
2016後期日本語コミュニケーション(B)

教員研究業績
研究分野: 社会学、対人援助、家族病理
研究キーワード: 児童家庭福祉、子どもの権利保障、保育者の専門性、子育て支援
教育上の能力に関する事項
作成した教科書、教材
開始年月終了年月表題概要
2010年04月現在に至る『保育実習論』近大姫路大学教育学部通信教育課程テキスト。共著者:戸江茂博、岩田健一郎、國光みどり、谷口ナオミ、松島京。「施設実習」pp.65-84。
2011年04月現在に至る『家庭支援論』近大姫路大学教育学部通信教育課程テキスト。単著166p。
2011年04月現在に至る『児童家庭福祉』近大姫路大学教育学部通信教育課程テキスト。共著者:松浦崇、武田英樹、松島京、森合真一。「児童家庭福祉と保育」pp.62-88。
2012年04月現在に至る『児童家庭福祉』あいり出版。共著者:流石智子編、大橋喜美子、浦田雅夫、杣山貴要江、芹澤出、大西雅裕、松島京、他2名。「少子化と子どもの発達保障-少子化と子育て支援の現状」pp.69-75、「子育てと社会的養護」pp.97-107。
2013年04月現在に至る『新選 社会福祉第2版』株式会社みらい。共著者:後藤卓郎編、飯島優子、石川京子、伊藤龍仁、大坪勇、大藪元康、神戸賢次、新川泰弘、丹羽正子、松木宏史、松島京、他2名。「女性と家族の福祉」pp.160-170。
2016年04月現在に至る『本当に知りたいことがわかる!保育所・施設実習ハンドブック』ミネルヴァ書房。共著者:小原敏郎、直島正樹、橋本好市、三浦主博編、松島京、他18名。「保育実習」「保育実習を通して考えること」pp.10-23。
その他
開始年月終了年月表題概要
2003年07月2003年07月福井県遠敷郡上中町住民センター職員研修会講師福井県遠敷郡上中町「上中町住民センター職員研修会」において「上中町での男女共同参画基本計画の実施と職員の取り組みについて」を講演した。
2004年02月2004年02月枚方市市民対象講座講師枚方市市民対象講座において「事例からDV被害者のサポート活動について学ぶ」を講演した。
2006年08月2006年08月大阪市立弁天町市民学習センター市民対象講座講師大阪市立弁天町市民学習センター「DVに悩む人を支えるためにわたしたちができること」において「被害者の心理と加害者との関係」を講演した。
2006年10月2006年10月三菱京都病院卒後1年目看護師対象研修講師三菱京都病院「卒後1年目看護師対象研修」において「ケアすること・されること」を講演した。
2007年03月2007年03月大阪市男女共同参画センター市民対象講座講師大阪市男女共同参画センター「家族の暴力(DV/虐待)をなくすために」において「被害者に寄り添う」を講演した。
2007年10月2007年11月大阪市立弁天町市民学習センター市民対象講座講師大阪市立弁天町市民学習センター市民対象講座において「男女をめぐる社会学」を講演した。
2007年11月2007年11月岡山県瀬戸町文化協会市民対象講座講師岡山県瀬戸町文化協会市民対象講座において「家族…やさしく生きて」を講演した。
2008年11月2008年11月近大姫路大学・兵庫県少子対策本部「平成20年度まちの寺子屋師範塾」講師近大姫路大学・兵庫県少子対策本部「平成20年度まちの寺子屋師範塾」において「子ども虐待防止のために地域ぐるみの『親になること』」を講演した。
2009年05月2009年05月姫路市第三民生委員児童委員協議会「民生委員児童委員研修会」講師姫路市第三民生委員児童委員協議会「民生委員児童委員研修会」において「家庭内の暴力・虐待の現状と民生委員・児童委員の関わり方」を講演した。
2009年11月2009年11月姫路市子育て支援室市民対象啓発講演講師姫路市子育て支援室市民対象啓発講演において「児童虐待とDV~地域における子ども家庭支援の必要性」を講演した。
2011年08月2011年08月近大姫路大学「平成23年度教員免許状更新講習」講師近大姫路大学「平成23年度教員免許状更新講習(今日の社会問題と養護教諭の役割)」において「デートDV-学校における対応と支援」の講習を行った。
2011年11月2011年11月近大姫路大学・兵庫県少子対策本部「平成23年度まちの寺子屋師範塾」講師近大姫路大学・兵庫県少子対策本部「平成23年度まちの寺子屋師範塾」において「DV・児童虐待と子育て家庭支援」を講演した。
2012年08月2012年08月近大姫路大学「平成24年度教員免許状更新講習」講師近大姫路大学「平成24年度教員免許状更新講習(今日の社会問題と養護教諭の役割)」において「デートDV-学校における対応と支援」の講習を行った。
2013年08月2013年08月近大姫路大学「平成25年度教員免許状更新講習」講師近大姫路大学「平成25年度教員免許状更新講習(今日の社会問題と養護教諭の役割)」において「デートDV-学校における対応と支援」の講習を行った。
2013年09月2013年09月大阪私立保育園連盟「養成校と各保育園との懇談会」講師大阪私立保育園連盟主催「養成校と各保育園との懇談会」において「保育者の専門性についての調査」を講演した。
2014年08月2014年08月近大姫路大学「平成26年度教員免許状更新講習」講師近大姫路大学「平成26年度教員免許状更新講習(今日の社会問題と養護教諭の役割)」において「デートDV-学校における対応と支援」の講習を行った。
2014年09月2014年09月一般社団法人全国保育士養成協議会「全国保育士養成セミナー」研究報告一般社団法人全国保育士養成協議会「全国保育士養成セミナー」において「保育者の専門性についての調査」の課題研究報告を行った。
2015年08月2015年08月近大姫路大学「平成27年度教員免許状更新講習」講師近大姫路大学「平成27年度教員免許状更新講習(今日の社会問題と養護教諭の役割)」において「児童虐待とDV」の講習を行った。
2015年09月2015年09月一般社団法人全国保育士養成協議会「全国保育士養成セミナー」分科会運営責任者一般社団法人全国保育士養成協議会「全国保育士養成セミナー」において「専門委員会報告を深める-学生の自己成長感を保障する保育実習指導のあり方」の分科会運営責任者(コーディネーター)を務めた。
2015年11月2015年11月日本学術会議 北海道地区会議「学術講演会」講師日本学術会議 北海道地区会議「学術講演会(貧困と人の育ち-人文社会科学からの挑戦)において「社会的排除と子ども-外国につながりのある子どもの支援から」を講演した。
2015年11月2015年11月一般社団法人全国保育士養成協議会現代保育研究所「平成27年度現代保育研究所第2回研修会」パネリスト一般社団法人全国保育士養成協議会現代保育研究所「平成27年度現代保育研究所第2回研修会」において「新制度における保育実習を展望する-保育実習の効果的な実践に向けて」のパネリストを務めた。
2016年08月2016年08月姫路大学「平成28年度教員免許状更新講習」講師姫路大学「平成28年度教員免許状更新講習(今日の社会問題と養護教諭の役割)」において「児童虐待とDV」の講習を行った。
2017年02月2017年02月日本学術会議シンポジウム「子どもの貧困-成育環境に及ぼすその影響と対策について考える」企画趣旨説明日本学術会議シンポジウム「子どもの貧困-成育環境に及ぼすその影響と対策について考える」において企画趣旨説明「子どもの貧困―現状と課題」を行った。
2017年07月2017年07月姫路大学「平成29年度教員免許状更新講習」講師姫路大学「平成29年度教員免許状更新講習(今日の社会問題と養護教諭の役割)」において「児童虐待とDV」の講習を行った。
2017年08月2017年08月大阪府社会福祉協議会施設福祉部「第6回保育士養成校と保育園・認定こども園との研究懇談会」講師大阪府社会福祉協議会施設福祉部「第6回保育士養成校と保育園・認定こども園との研究懇談会」において「保育実習指導のミニマムスタンダード-保育の質向上に向けたこれからの保育実習について」を講演した。
2017年08月2017年08月相愛大学「平成29年度教員免許状更新講習(幼稚園教諭)」講師相愛大学「平成29年度教員免許状更新講習(幼稚園教諭)」において「子どもをめぐる社会問題と子どもの権利」の講習を行った。
2018年02月2018年02月関西国際大学「教育学部幼保実習懇談会」講師関西国際大学「教育学部幼保実習懇談会」において「実習の評価について」の講演を行った。
研究業績に関する事項
著書
書名単著・共著年月発行所、発表雑誌 (及び巻・号数)等の名称編者・著者(共著の場合のみ)該当ページ数概要
『社会サービスと協同のまちづくり-「構造改革」と保健・医療・介護・福祉』共著2003年11月自治体研究社篠崎次男、日野秀逸編、松島京、中西啓之、宮下武美、他10名 「ゼロ歳児育児と保健・医療連携と生活づくり」pp.166-180
『よくわかるNPO・ボランティア』共著2005年06月ミネルヴァ書房川口清史、田尾雅夫、新川達郎編、松島京、尾形誠一、他25名 「公共(公共圏)」pp.32-33、「コモンズ」pp.34-35「DV問題と民間シェルター(女性とNPO)」pp.80-81、「児童福祉とNPO(児童虐待など)」pp.82-83
『21世紀に語りつぐ社会保障運動』共著2006年02月あけび書房篠崎次男、小川栄二、松島京 217p
『近代家族のゆらぎと新しい家族のかたち』共著2012年04月八千代出版松信ひろみ編、島直子、品田知美、松田茂樹、安藤究、菊池真弓、大山治彦、菊池真理、松島京 「家族と暴力」pp.201-217
『テーマでひらく学びの扉 少子化社会と妊娠・出産・子育て』共著2017年04月北樹出版由井秀樹編、安藤藍、金森京子、北島加奈子、木村尚子、小島理恵子、笹谷絵里、瀧川由美子、利光恵子、伏見裕子、松島京、吉田一史美 「子育て支援―誰のための支援?何のための支援?」pp.16-31、「外国人の子どもは子育て支援の対象には含まれないのか」pp.32
論文・解説等
書名単著・共著年月発行所、発表雑誌 (及び巻・号数)等の名称編者・著者(共著の場合のみ)該当ページ数概要
「ドメスティック・バイオレンス(Domestic Violence)という用語が持つ意味-先行研究からの考察-」単著2000年06月『立命館産業社会論集』第36巻第1号 141-163 
「親密な関係性における暴力性とジェンダー」単著2001年03月『立命館産業社会論集』第36巻第4号 75-91 
「家族におけるケアと暴力」単著2002年03月『立命館産業社会論集』第37巻第4号 123-144 
「親になることと妊娠・出産期のケア-地域医療と子育て支援の連携の可能性-」単著2003年09月『立命館産業社会論集』第39巻第2号 19-33 
「出産の医療化と『いいお産』-個別化される出産体験と身体の社会的統制-」単著2004年02月立命館大学人間科学研究所『立命館人間科学研究』第11号 147-159 
『医療・福祉における地域・住民エンパワメント-実践編-』共著2007年02月立命館大学人間科学研究所『ヒューマンサービスリサーチシリーズ』第2号松島京、松田亮三、棟居徳子105p 
『医療・福祉における地域・住民エンパワメント-エンパワメントに向けたイノベーション-』共著2008年02月立命館大学人間科学研究所『ヒューマンサービスリサーチシリーズ』第7号松島京、小嶋理恵子1-27 
「スポーツを保育現場に生かすための実践的教育プログラムの開発に向けて-IPUサッカー部所属学生のケースを中心に-」共著2009年03月『環太平洋大学研究紀要』第2号佐々木宏子、松島京、今泉岳雄、近藤裕子、志田久美子39-48 
「妊娠・出産期のドメスティック・バイオレンスとは-セクシュアル・ヘルス/ライツの課題として捉えるために-」単著2009年03月『近大姫路大学教育学部紀要』第1号 29-38 
「医療現場における子ども・女性の人権保障-妊娠・出産期からの子育て支援の必要性-」単著2009年03月兵庫県人権啓発協会『研究紀要』第10号 3-17 
「学校と家庭内暴力-被害を受けた子どもへの対応:児童虐待とドメスティック・バイオレンスを中心に-」単著2010年03月『近大姫路大学教育学部紀要』第2号 45-53 
「子どもの教育と福祉をめぐる今日的課題-日本語を母語としない子どもたちへの支援:横須賀市視察調査から-」共著2010年03月『近大姫路大学教育学部紀要』第2号松島京、松浦崇、吉田晃高63-72 
「地域における子育てに関する研究-A地区の資源と子育て中の母親の思いに焦点をあてて」共著2010年03月『近大姫路大学看護学部紀要』第2号田村康子、松島京、及川裕子、石村由利子49-57 
「子どもの教育と福祉をめぐる今日的課題-教育現場への福祉的視点の導入と活用に向けて-」共著2012年03月『近大姫路大学教育学部紀要』第3号松島京、松浦崇、吉田晃高63-72 
「大学生が次世代の親となるための支援研究-大学生の次世代の親としての意識調査-」共著2012年03月平成23年度兵庫県委託『子育て支援調査研究事業』報告書寺見陽子、松島京、竹元惠子、竹内伸宜、及川裕子、他1名129-185 
「外国につながりのある子どもの教育と保育をめぐる課題」共著2013年03月『近大姫路大学教育学部研究紀要』第5号松島京、松浦崇109-121 
「保育者の専門性についての調査-養成課程から現場へとつながる保育者の専門性の育ちのプロセスと専門性向上のための取り組み-」共著2013年08月一般社団法人全国保育士養成協議会 平成24年度『専門委員会課題研究報告書』原孝成、松島京、目良秋子、中島常安、利根川智子、他12名371p 
「外国につながりのある子どもと保護者を支援する保育所が抱える課題」共著2014年03月『近大姫路大学教育学部研究紀要』第6号松島京、松浦崇、吉田晃高75-81 
「そばにいるということ-『心のケア』とは何か-」単著2014年03月近大姫路大学人文学・人権教育研究所『翰苑』第1号 89-106 
「保育者の専門性についての調査-養成課程から現場へとつながる保育者の専門性の育ちのプロセスと専門性向上のための取り組み-(第2報)」共著2014年06月一般社団法人全国保育士養成協議会 平成25年度『専門委員会課題研究報告書』原孝成、松島京、目良秋子、中島常安、利根川智子、他12名189p 
「外国人の子どもの生活と支援」単著2014年11月日本医療総合研究所『国民医療』第322号 18-23 
「外国につながりのある子どもの教育保障と家庭支援」単著2015年03月近大姫路大学人文学・人権教育研究所『翰苑』第3号 22-32 
「養育性の育成支援のあり方に関する考察-親子関係と育児の実態から-」共著2015年03月『神戸大学大学院人間発達環境学研究科研究紀要』第8巻第2号寺見陽子、松島京、竹元惠子、及川裕子、寺村ゆかの、伊藤篤137-149 
「学生の自己成長感を保障する保育実習指導のあり方-保育実習指導Ⅰ・Ⅱ・Ⅲを中心に-」共著2015年08月一般社団法人全国保育士養成協議会 平成26年度『専門委員会課題研究報告書』上垣内伸子、松島京、吾田富士子、利根川智子、和田上貴昭、他10名222p 
「『わたし』の居場所」単著2015年11月近大姫路大学人文学・人権教育研究所『翰苑』第4号 11-25 
「父親の養育性・役割取得を促す教育プログラムのための観点導出」共著2016年03月『神戸大学大学院人間発達環境学研究科研究紀要』第9巻第2号寺見陽子、南憲治、松島京、及川裕子、寺村ゆかの、伊藤篤1-22 
「日本における外国人支援制度と子ども」単著2016年03月近大姫路大学人文学・人権教育研究所『翰苑』第5号 98-111 
「学生の自己成長感を保障する保育実習指導のあり方Ⅱ-ヒアリング調査からの検討-」共著2016年06月一般社団法人全国保育士養成協議会 平成27年度『専門委員会課題研究報告書』上垣内伸子、松島京、吾田富士子、利根川智子、和田上貴昭、他10名230p 
「女性の貧困の見えづらさ、語りづらさ」単著2017年04月姫路大学人文学・人権教育研究所『翰苑』第7号 57-64 
「保育実習指導のミニマムスタンダード 2017年版」共著2017年05月一般社団法人全国保育士養成協議会 保育実習指導のミニマムスタンダード編集委員会網野武博、石川昭義、太田和男、上垣内伸子、北野久美、高橋貴志、那須信樹、原孝成、増田まゆみ、松島京、三浦主博、矢藤誠慈郎、山本朝美、和田上貴昭111p 
「子どもの貧困の見えづらさ」単著2017年10月日本学術協力財団『学術の動向』第22巻第10号 14-18 
資金等受入状況
研究資金
開始年月終了年月事項金額内容
2008年04月2010年03月「妊娠・出産期におけるドメスティックバイオレンス被害者支援と予防に向けて」1430000文部科学省科学研究費補助金(若手研究(B))、研究課題番号:20730391、研究代表者:松島京
2011年04月2014年03月「保育所に通う外国につながりのある子どもと保護者の支援に向けて」3120000文部科学省科学研究費補助金(基盤研究(C))、研究課題番号:23530794、研究代表者:松島京
2015年04月現在に至る「児童養護施設に入所する外国につながりのある子どもの支援に関する研究」2860000文部科学省科学研究費補助金(基盤研究(C))、研究課題番号:15K04005、研究代表者:松島京