プロフィール

 

教員基礎情報
氏名 向井 光太郎(ムカイ コウタロウ) 所属 人文学科
ローマ字 KOTARO MUKAI 専攻


学歴
入学卒業学校名学部・学科学位
1987年04月1991年03月関西学院大学法学部政治学科学士
1997年04月1999年03月関西学院大学大学院商学研究科経営学修士
職歴(相愛大学)
開始年月終了年月学校名所属職名授業名
2017年04月現在に至る相愛大学人文学部講師マーケティング論、企業経営論、専門応用演習、 専門研究演習、基礎演習B、 国際金融論、 企業管理論、国際経済・貿易論 
職歴(相愛大学以外)
開始年月終了年月学校名所属職名授業名
1991年04月2000年03月コクヨ株式会社営業開発部主任 
2005年04月2006年03月大手前大学キャリアサポート室講師(非常勤)キャリアゼミ
2006年04月2011年03月関西学院大学キャリアセンターコーディネーター 
2010年04月2011年03月プール学院大学 講師(非常勤)マーケティング論
2011年04月現在に至る関西学院大学経済学部講師(非常勤)仕事と生き方、キャリアデザインと仕事
2011年04月2015年03月関西学院大学専門職大学院 経営戦略研究科講師(兼任)企業経営戦略特論F
2011年04月2017年03月奈良佐保短期大学生活未来科准教授マーケティング論、経営学総論、食農ビジネス、地域活性化論、インターンシップ、ビジネス実践演習、ゼミナール、卒業研究、キャリアゼミナール、
2012年04月現在に至る関西学院大学総合政策学部講師(非常勤)マーケティング論
2014年04月2015年03月放送大学奈良学習センター講師(非常勤)マーケティング
2017年04月現在に至る関西学院大学専門職大学院 経営戦略研究科講師(兼任)営業戦略
2017年04月現在に至る株式会社トライネット 取締役副社長 
所属学会
日本マーケティング学会 / 日本キャリアデザイン学会 / 日本インターンシップ学会 / Global Sales Science Institute(GSSI)
学協会活動
開始年月終了年月所属役職名
2014年04月現在に至る日本マーケティング学会リサーチプロジェクト「顧客価値創造型営業戦略研究会」コアメンバー
2016年04月現在に至る日本マーケティング学会リサーチプロジェクト「サービス・マネジメント研究会」リーダー
社会貢献活動等
開始年月終了年月事項
1997年04月現在に至るKGMBAマネジメント研究会
2000年04月現在に至るKGMBA営業研究会
2011年04月現在に至る船場関学会
2011年04月現在に至るナカノシマ大学 運営メンバー
2011年04月現在に至る船場大学 学長
2012年04月現在に至る奈良市建築審査会委員
2012年04月現在に至る奈良市建築審査会委員
2012年04月現在に至る大阪オフィス会(旧大阪サテライトオフィス懇談会)メンバー
受賞歴
受賞年月事項受賞者
2015年11月日本マーケティング学会 第4回マーケティングカンファレンス・ベストポスター賞「営業 スタイルと顧客価値創造との関係性の理論的フレームワーク構築への挑戦」共同発表登坂一博、滝川雅行、脇穂積、上田利博、向井光太郎、本下真次
2016年10月日本マーケティング学会 第5回マーケティングカンファレンス・ベストポスター賞「日本 営業のグローバル・レベルからの注目−本年6月英国バーミンガムで開催されたGSSI (Global Sales Science Institute)からの示唆−」共同発表滝川雅行、脇穂積、向井光太郎、登坂一博、本下真次、上田利博
その他の教育活動
年度学内学外
2010 帝塚山学院大学 仕事塾
2010 成城大学 キャリア形成論
2010 桃山学院大学経営学部 面接指導
2015 OSAKAキラ女計画セミナー

教員研究業績
研究分野: 経営学 主にマーケティング / 経営学 主にマーケティング
研究キーワード: マーケティング/経営戦略/流通システム/営業/サービス・マネジメント
教育上の能力に関する事項
教育方法の実践例
開始年月終了年月表題概要
2011年04月2017年03月リアルビジネスの企画・広報・運営を取り入れたPBL型授業の展開奈良佐保短期大学生活未来科で、ゼミナール科目・ビジネス 実践科目・卒業研究科目を基盤に、食関連映画の自主上映会 を学生に企画・運営させた。上映作品の購入業務や上映チケ ットに含まれるフード(カレー)メニューの開発およびその 食材調達をキャンパス農園野菜供給により対応し、会場カフ ェの当日限定メニューとして一般参加者に提供された。上映 イベントの進行も学生がすべて担当し、6次産業マーケティ ングを体現するに至った。模様は地元メディアにも取り上げ られた。
2013年04月現在に至る営業のロールプレイ授業関西学院大学総合政策学部「マーケティング論」で、商品流 通および企業経営上必須である営業活動のロールプレイ授 業を導入し、卒業後の就職配属先となる可能性の高い営業活 動を、機能、価値、スタイルに分けて説明し、各スタイルに 価値を適用させる理論を説明した。講義内容は、LUNAで毎回 ネットワーク上で公開した。授業内質疑は、出席カードで対 応し、そのすべての応答を講義スライドで共有した。
2015年04月2017年03月コネクティッド・スタディ(connected study)を導入した産学連携型授業の展開奈良佐保短期大学生活未来科で「食農ビジネス」を、食の6 次産業化プロデューサー養成科目として開講し、奈良県マー ケティング課と連携して同課職員を外部講師として一部委 嘱した。また、同課推薦6次産業農業法人への学外見学、ケーススタディ農業法人経営者による学内でのアクティブ・ラーニング型授業、食ビジネス専門人材企業社員および大阪市内金融機関による企業会計科目なども組み入れ、受講生の大半13名が食の6次産業化プロデューサーレベル1資格を取得した。また、農業法人経営者から紹介された産業界人材を、別の授業担当講師として招聘するなど、コネクションを積極的に大学授業および教務にフィードバックした。
作成した教科書、教材
開始年月終了年月表題概要
2011年04月現在に至る顧客価値創造による営業教育関西学院大学経済学部および総合政策学部で、授業に営業ロ ールプレイを導入した。共著本「顧客価値創造型営業への深 化」を参考資料として用い、営業の定義・機能・価値・スタ イルを体系的に説明する内容および営業活動と連携する組 織の説明と営業現場の業務フローを組織にプロットした説 明をスライドにまとめた。「再掲」
2011年04月現在に至る企業の営業戦略体系化関西学院大学専門職大学院経営戦略研究科「企業経営戦略特論F」「営業戦略」で、共著本「顧客価値創造型営業への深化」を参考資料として用い、営業の定義・機能・価値・スタイルを体系的に説明する内容および営業活動と連携する組織の説明と営業現場の業務フローを組織にプロットした説明を実施している。そのうえで、ケース企業の営業戦略や履修者が所属企業または業界の営業ワークショップを実施した。
実務の経験を有する者についての特記事項
開始年月終了年月表題概要
2011年04月2017年03月インターンシップ科目のコーディネート奈良佐保短期大学生活未来科で、指定受入先企業の「インタ ーンシップ」科目を開講し、その期間前後に同社に関連した 企業・事業研究および新製品提案に及ぶ実践演習科目をカッ プリング開講し、学生の実務遂行能力と企画提案能力を向上 させた。
2011年04月現在に至る企業人への営業教育関西学院大学専門職大学院経営戦略研究科「営業戦略」で、社会人大学院生を対象に価値創造型営業のコア理論である6つの価値と4つのスタイル展開を、事例ワークショップやプレゼンテーションを導入して体系的に指導した。企業経験者としての実務家教員および大学教員として教育機関の専任教員の立場で教育を実施している。
その他
開始年月終了年月表題概要
2011年04月現在に至る船場大学の開講船場大学を開講、大阪都心(大阪市中央区)で大学生と若手 社会人を対象にした勉強会の企画・運営している。商品・サ ービスの独自性や強みを、農林水産省や電器メーカーまたは IT企業の協力の下、「食育」「パン製品流通」「米パン」「カ レー」「コーヒー」などをテーマとして学ぶ機会を創出した。 心斎橋キャンパス(アップルストア心斎橋)2講座、淀屋橋キャンパス(アイスポット)6講座、本町キャンパス(平岡珈琲店)5講座、北浜キャンパス1講座(龍門)、難波キャンパス(インデアンカレー南店、アラビヤコーヒー店)1講座を開講した。合計15講座を開講した。
2013年10月2013年10月クレセントアワー関西学院大学神戸三田キャンパスクレセントアワー「街場で遊ぶこと、それは学ぶこと」講義を、ラーニングコモンズスペース「アカデミックコモンズ」でキャンパス内学生約40名を対象に実施した。アクティブラーニングスタイルの環境を活用したコミュニケーション誘発型講義を展開した。
2015年06月2016年03月キラ女計画セミナーキラ女計画セミナー(女性の再就職支援のプログラム)「街ではぐくむマーケティングセンス」を担当し、大阪都心のフードビジネスに関わる商品・サービスを紹介しながらマーケティング感覚を養い、社会的地位やモチベーションの異なる受講者に応じたコミュニケーション機会を取り入れた。
職務上の実績に関する事項
実務の経験を有する者についての特記事項
日付特記事項概要
2000年3月31日コクヨ株式会社営業開発部コクヨ株式会社営業開発部にてオフィス家具・建材の設計事 務所への設計協力業務およびプロジェクト案件の開発営業 を担当。納入実績:出石町役場、兵庫医科大学、丹波の森公 苑他、公共施設多数。
2003年3月31日扶桑株式会社扶桑株式会社東京支店にて、ビズネット株式会社(プラス株式会社グループ)のカタログ掲載商品BRラックの開発営業を担当した
2010年3月31日関西学院大学キャリアセンター関西学院大学キャリアセンターで、大手証券会社との協働による大学1,2回生対象成長企業・ベンチャー企業インターンシップ受入企業開拓および連携実務を担当した。
2017年3月31日船場大学船場大学の企業講師担当者の開拓および連携関係の構築。パナソニック株式会社(米パン製造機GOPAN)、農林水産省近畿農政局、平岡珈琲店、インデアンカレー、アップルコンピュータ、ソフトバンク他、企業連携プログラムを開発した。
研究業績に関する事項
著書
書名単著・共著年月発行所、発表雑誌 (及び巻・号数)等の名称編者・著者(共著の場合のみ)該当ページ数概要
私立大学マネジメント共著2009年04月東信堂日本私立大学連盟 青少年人口激減の中の高等教育ユニバーサル化、公財政支援の頭打ちと国立大学法人化等、私立大学を取り巻くきびしい環境の中で、私立大学マネジメントの在り方を具体的に追求・考察したもの。日本私立大学連盟編 第12章「学生のキャリア支援と進路保証」第四節第二項「インターンシップ」を担当した
顧客創造型営業への進化共著2010年04月株式会社ジェイティービー能力開発 編著者:中西正雄、登坂一博 筆者:川島隆志、瀧川雅行、清水良郎、本下真次、桑田政美、濱田恵三、船越伴子、上田利博、向井光太郎pp.17-pp19,pp.71-pp75企業の営業活動を、機能・価値・営業形態に分類して体系的に顧客価値創造の枠組みを解説した。M主任のワークショップ型営業(p.17-pp.19)、大学の営業(pp.71-pp.75)を担当した
論文・解説等
書名単著・共著年月発行所、発表雑誌 (及び巻・号数)等の名称編者・著者(共著の場合のみ)該当ページ数概要
文具事務機器メーカーのチャネル再開発 単著2000年01月KGMBAマネジメント研究会「マネジメントレビュー」 pp.245-pp.267系列的流通チャネルを伝統的に展開する企業に対抗したオ フィスサプライ通信販売チャネルの成功に対し、新たな異業 種コラボレーション型流通チャネルの展開を提案する
船場大学の取組みとキャリアデザインについて 単著2012年03月奈良佐保短期大学研究紀要第19号  pp.101-pp.108大阪都心の市民大学スタイルの教育の場を紹介し、その事例プログラムについて一般社会のビジネスパーソンをコーディネートしたユニークな大学教育の枠組みを示した。
RELATIONSHIP BETWEEN SALES STYLES AND CREATING VALUE共著2015年06月 瀧川雅行、川島隆志、登坂一博、上田利博、本下真次、脇穂積、向井光太郎 pp.54-pp.58企業の営業活動を4機能(コミュニケーション、販売、顧客関係維持、開発調整と6価値(情報、アドバイス、取引費用削減、労務提供、開発支援、その他)および4スタイル(行動重視型、適応奉仕型、提案型、ワークショップ型)として説明し、4つのスタイルにより生じる価値プロットを示した。
THE IMPORTANCE OF EDUCATION FOR UNIVERSITY STUDENTS ABOUT EIGYO:LEARNING VALUE AND MOTIVATION VALUE 単著2016年04月Global Sales Science Institute 2016 Proceedings   大学授業に「営業」ロールプレイと営業の機能・価値・スタ イルおよび営業組織とその連携組織について体系的に説明したプログラムを導入した。その際の学生からのフィードバックを1300件検証したところ、情報・アドバイス・取引費用削減・労務提供・開発支援・その他の価値では分類できない新たな価値とし学習価値・モチベーション価値が生じた。これらを既存の価値と合わせて7つ価値およびその他の価値として示し、また提供価値と授受価値に分けて示した。
CHANGES IN THE RELATIONSHIP(SALES STYLE) BETWEEN SELLER AND CUSTOMER ON A TIME AXIS 共著2016年04月 上田利博、向井光太郎 営業活動の形態 ①行動重視型 ②適応奉仕型 ③提案型 ④ワークショップ型の4スタイルは、買い手企業のニーズや時間軸によってスタイルを変えていく必要があることを指摘し、いずれかの営業活動が望ましいとのこれまでの考え方とは違う営業担当者および営業組織における人的接触活動の変幻性の重要性を示した。
講演会
題目年月概要
営業研究の可能性2015年03月関西学院大学大阪梅田キャンパスで開催されたマーケティング・リサーチプロジェクト第2回顧客価値創造型営業研究会 営業の定義と機能・価値・スタイルに分けた研究内容の紹介 http://www.j-mac.or.jp/past-researchproject/8756/
RELATIONSHIP BETWEEN SALESSTYLES AND CREATING VALUE 2015年06月広島経済大学宮島キャンパスで開催された、Global Sales Science Institute 9thannual conferenceラウンドテーブルプレゼンテーション 企業の営業活動を機能①コミュニケーション②販売③顧客関係維持④開発調整、価値①情報②アドバイス③取引費用削減④労務提供⑤開発支援⑥その他、スタイル①行動重視型②適応奉仕型③提案型④ワークショップ型に分類して説明し、4つのスタイルを遂行する際に生み出させる価値をプロットしたフレームワークを示した。 http://www.globalsalesscienceinstitute.org/conference/pastconfer ences/2015-hiroshima-content/ 
営業学理論体系化への挑戦 2015年11月早稲田大学早稲田キャンパスにおいて開催された日本マーケティング学会第4回マーケティングカンファレンスポスターセッションにおいて、営業活動によりもたられる価値(情報、アドバイス、取引 費用削減、労務提供、開発支援、その他)を、4つの営業スタイルにプロットしたマトリクスを示した。ベストポスター賞を受賞した(共同) http://www.j-mac.or.jp/prize/ 
日本におけるマーケティングと営業の関係深化に向けて 2016年02月関西学院大学東京丸の内キャンパスにおいて日本マーケティング学会マーケティング・リサーチプロジェクト第3回顧客価値創造型営業研究会営業活動の機能・価値・スタイルに分けた研究内容の紹介 http://www.j-mac.or.jp/research-project/5555/
営業スタイルと顧客価値創造との関係性の理論的フレームワークへの挑戦 2016年03月関西学院大学大阪梅田キャンパスにおいて日本マーケティング学会マーケティング・リサーチプロジェクト第4回顧客価値創造型営業研究会営業活動の機能・価値・スタイルに分けた研究内容の紹介 http://www.j-mac.or.jp/past-researchproject/10822/
日本営業のグローバル・レベルからの注目 2016年10月早稲田大学早稲田キャンパスにおいて開催された日本マーケティング学会第4回マーケティングカンファレンスポスターセッションにおいて、欧米企業における営業部門とマーケティング部門の組織階層と日本企業におけるそれぞれの組織階層の違いを示し、営業活動の捉え方の経営組織面での表層状態を指摘した。2年連続でベストポスター賞を受賞した(共同) http://www.j-mac.or.jp/prize/ 
グルンルース理論の日本での適応は可能か?(ノル ディック学派が提唱するサービス・プロセス・マネジ メントの日本での営業研究への可能性) 2016年10月早稲田大学早稲田キャンパスにおいて開催された日本マーケティング学会第4回マーケティングカンファレンスリサーチプロジェクト・セッションポスターセッションにおいて、グルンルース理論の特徴であるトップマネジメントによるマーケティング・フィロソフ ィーの組織全体へ浸透を強調する点、メーカーとサービス企業の経営構造の違いを強調する点、メーカーにおいてもサービス化野必要性を強調する点が、多くの日本企業の経営風土や文化に適応出来る面を報告した。(共同およびプロジェクト代表としてセッション進行) www.j-mac.or.jp/conference/
最近の新しい営業スタイル"ナレッジブローカー"に関するサービス・マネジメントの視点からの考察2017年03月日本マーケティング学会第1回サービス・マネジメント研究報告会として日医工株式会社オンコロジー広域病院部 担当部長 瀧川雅行氏の研究報告、顧客以上に深く広い知識・情報を有しながら顧客との関係を深化できるナレッジブローカーの定義考察、サービス・マネジメントの観点から営業活動と営業のパーソンのあるべき姿のディスカッション。 全体のコーディネーターを担当
日本型"ナレッジブローカー"の定義に向けたワークショップ2017年03月日本マーケティング学会第2回サービス・マネジメント研究報告会として、①オープニングレクチャー ②話題提供 ③ディスカッションの構成で実施。関西学院大学専門職大学院経営戦略研究科教授の佐藤善信先生のオープニングレクチャー「B2B2C企業による中間顧客 の経営支援サービスの考察 」、富士ゼロックス大阪株式会社 ニュービジネス統括部 上田利博氏よる“ナレッジ・ブローカー”の捉え方としてのナレッジプラットフォーム(顧客、競合、自社、市場環境)・経験と知識・マーケティングメッセージと顧客価値創造・個人スキルと組織能力の4ポイント説明。および日本型ナレッジブローカー定義に向けたワークショップ(名称も含めた)。全体進行とコーディネーターおよびディスカッションのナビゲータを担当
その他
書名単著・共著年月発行所、発表雑誌 (及び巻・号数)等の名称編者・著者(共著の場合のみ)該当ページ数概要
雑誌大阪人単著2011年05月大阪市都市工学情報センター pp.46-pp.47「梅田・キタの大学集積」梅田のサテライトキャンパス化を紹介し、関西学院大学・立命館大学・上智大学・大学コンソーシアム大阪を取り上げた。
雑誌大阪人共著2011年11月大阪市都市工学情報センター大迫力、向井光太郎pp.70-pp.71「鉄道王国・大阪」関西私鉄と大阪市電のコラム執筆
雑誌大阪人共著2012年01月大阪市都市工学情報センター大迫力、向井光太郎pp.62「司馬遼太郎は『大阪』をどう見ていたか」コラム執筆
雑誌大阪人共著2012年02月大阪市都市工学情報センター中島淳、向井光太郎pp.109「ザ・大阪のデザイン」ヒット商品「プリット」紹介文