プロフィール

 

教員基礎情報
氏名 前田 雅章(マエダ マサアキ) 所属 子ども発達学科
ローマ字 MAEDA MASAAKI 専攻
性別


学歴
入学卒業学校名学部・学科学位
1976年04月1981年03月兵庫県立神戸商科大学商経学部経済学科経済学士
1981年04月1982年03月佛教大学通信教育課程本科 教員免許状取得課程小学校 
2009年04月2011年03月和歌山大学大学院教育学研究科教科教育専攻修士課程教育学修士
職歴(相愛大学)
開始年月終了年月学校名所属職名授業名
2016年09月2017年03月相愛大学人間発達学部 子ども発達学科非常勤講師体育科指導法
2017年09月2018年03月相愛大学 人間発達学部 子ども発達学科非常勤講師体育科指導法  体育
2018年04月現在に至る相愛大学人間発達学部 子ども発達学科講師体育科指導法  体育
職歴(相愛大学以外)
開始年月終了年月学校名所属職名授業名
1982年04月1984年03月大阪府公立小学校 講師 
1984年04月2014年03月大阪府公立小学校 教諭 
所属学会
学校体育研究同志会
学協会活動
開始年月終了年月所属役職名
2000年09月2005年08月学校体育研究同志会大阪支部支部長
2005年09月現在に至る学校体育研究同志会全国常任委員
社会貢献活動等
開始年月終了年月事項
2017年04月現在に至る幼保連携型認定子ども園 グレース子ども園 評議委員
授業科目等(現年度を含む過去3ヶ年)
年度学期授業名
2017後期体育科指導法
2017後期体育
2018通年教育実習の指導(小)
2018通年教職特別演習A
2018通年教職特別演習B
2018通年子ども学専門演習
2018通年保育・教育マネジメントA
2018前期ベーシックセミナー
2018後期体育
2018後期体育科指導法
2018後期教職実践演習(幼・小)
2018後期卒業研究
2019通年教育実習の指導(小)
2019通年教職特別演習A
2019通年教職特別演習B
2019通年子ども学専門演習
2019通年保育・教育マネジメントA
2019前期ベーシックセミナー
2019後期体育
2019後期体育科指導法
2019後期教職実践演習(幼・小)
2019後期卒業研究

教員研究業績
研究分野: 体育科教育 運動文化研究 民俗舞踊表現
研究キーワード: 技術指導の系統性  体育のグループ学習  異質協同の学び  民俗舞踊研究
職務上の実績に関する事項
免許・資格
日付免許・資格概要
1982年3月31日小学校教諭二級普通免許 
2010年12月15日小学校教諭一種免許 
2011年5月7日小学校教諭専修免許 
研究業績に関する事項
著書
書名単著・共著年月発行所、発表雑誌 (及び巻・号数)等の名称編者・著者(共著の場合のみ)該当ページ数概要
『体育・健康教育の教育課程試案』 1共著2003年08月創文企画海野勇三 大貫耕一 大宮とも子 口野隆史 黒野佐智子 久保健 澤豊治 塩貝光生 制野俊弘 岨和正 堤吉郎 殿垣哲也 中瀬古哲 中西匠 成瀬徹 西口和代 原通範 平野和弘 福川斉 森敏生 丸山真司 安武一雄 矢部英寿 吉田隆 前田雅章   他5名 今日の学校教育(学校体育)における問題解決の焦点は学校づくりと結びついた教育課程づくりであり、教師たちの手による自前の教育課程づくりこそが今日の教育改革の突破口になるという意味で、今回の教育課程基準の大綱化・弾力化や特色ある学校づくり政策を教師たちの手によって現場で生かされることが求められている。  本書の構成は、「体育教育の大綱的試案」(就学前体育~第4階梯(高校))「健康教育」「障害児体育」「教科外スポーツ」の各論と「教育課程自主編成の方法論的基礎」を総論として配置している。  教師たちの手による教育課程づくりが子どもと文化の両側面から教科内容、授業、教科外活動、教科のあり方を教師自らが問い直し変革していくステップになり教師の専門的力量形成を促すことになると考えている。
『体育・健康教育の教育課程試案』 2共著2004年07月創文企画海野勇三 大貫耕一 大宮とも子 口野隆史 黒野佐智子 久保健  澤豊治 塩貝光生 制野俊弘 岨和正 堤吉郎 殿垣哲也 中瀬古哲 中西匠 成瀬徹 西口和代 原通範 平野和弘 福川斉  森敏生 丸山真司 安武一雄 矢部英寿 吉田隆 前田雅章  他5名 『体育・健康教育の教育課程試案』1巻の続編である。第2巻では、第1巻で示した理論の裏付け、あるいは具体的な姿を実践奉公とその解説によって描き出そうとした。  筆者は、第3章領域編:学校づくりの解説を担当。 実践例1:「子どもが、保護者が、地域が変わる。子どもたちは立ち直り、そしてPTAが上映運動に立ちあがった。」(小学校)、実践例2:「『学びの主人公』の学校づくり」(定時制高校) 両実践とも、子どもたちの「荒れ」を克服し教師集団と保護者の共同で学校を再生させていったものである。 「荒れた」学校では、教師たちは「生活指導」で一致団結し「荒れ」を克服するのが一般的であるが、両実践とも「生活指導」だけでなく、体育の教育課程づくりをクラスづくりや学校づくりの核として取り組み学校再生の道を切り開いた。学校を再生する方針の見通しの中に科学的・民主的体育実践を位置づけることが重要としている。
『みんなが輝く体育(3) 小学校中学年 体育の授業』共著2006年03月創文企画安武一雄 森敏生 花田純香 牧野満 佐々木盛文 宇田ともえ 中山由美 和田範雄 堤吉郎 久保雅一 舩富公二 酒井忠喜 大津紀子 前田雅章 体育の表現として民舞「荒馬」を取り上げている。「荒馬」を実践するための指導者向けの参考書。  「荒馬」の成り立ちの歴史的背景、教材としての価値、指導法、発表会の構成、伴奏の太鼓と笛の楽譜、馬の作成方法など、イラスト付きで具体的に説明している。  この書籍は、全体的に小学校中学年を対象として執筆されているが、「荒馬」に関しては、小学校低学年や保育園、幼稚園でも広く実践されている。
『日本の踊り 小学校運動会BOOK 演技編』共著2009年04月いかだ社黒井信隆 前田雅章 運動会の集団演技(日本の踊り)の指導法、構成例、伴奏譜、衣装や採物の作成方法など、イラストを使って読み手にわかりやすいように作成した指導者向けの参考書。取り上げた日本の踊りは、「ソーラン節」「南中ソーラン」「荒馬」「みかぐら」「花笠音頭」「虎舞」「はねこ踊り」「春駒」「花祭り」。  単なる「ハウツゥー本」にしないため、「舞踊教育でめざす子ども像とつけたい力」や「日本の踊りの教材的価値」についても掲載している。
論文・解説等
書名単著・共著年月発行所、発表雑誌 (及び巻・号数)等の名称編者・著者(共著の場合のみ)該当ページ数概要
「『競争』の授業に挑む」単著1998年11月『たのしい体育・スポーツ』 学校体育研究同志会   1997年度学校体育研究同志会大阪支部研究部の研究報告。  「勝敗に異常にこだわる」「勝利至上主義」という現状があるなか、学校体育では「競争」をどう教えてきたのかという問題意識で取り組んだ集団研究・実践の成果と課題をまとめたもの。  体操競技の採点基準、混成競技の得点化、丸太投げやハンマー投げの歴史の追体験などを通して子どもたちにスポーツの「競争」について考えさせた。
「ヴィゴツキーから私たちは何を学ぶか」単著2011年01月『たのしい体育・スポーツ』 学校体育研究同志会   健康教育で「エイズ」を取り上げた大津氏の実践を、ヴィゴツキーの「教育心理学講義」で問い直し分析した論考。大津氏は、世界のエイズ患者の実態と悲劇、エイズ発病の仕組み、製薬会社営利優先の事実とそれを覆した民衆のパワーなど、様々な資料を駆使して、子どもたちと対話の授業を行った。この授業を通して「ネットで性情報に夢中になる」子どもが、エイズに関して真摯に向き合うように自己変革していった。ヴィゴツキーは「性教育の最終目的は人間の愛を教えること」と述べるが、これは大津氏のエイズ実践で具現化されていた。
「障害児体育における運動文化の教材化とその実践についての一考察」単著2011年03月和歌山大学 原ゼミ論集  和歌山大学大学院の修士論文。  本論では、障害児体育において運動文化を教材化すること意味及び内容について考察することを通じて、障害児に体育を教えるとはどういうことか、その際の課題は何かを論じた。  運動文化の概念と内容を明らかにし、障害児体育における運動文化の教材化、また、障害児と学習集団について、先行研究・実践から成果と課題を整理した。この整理をもとに、神戸大学附属特別支援学校の実際の体育授業を観察し運動文化の教材化と学習集団づくりの具現化を考察した。その際、ヴィゴツキー、ケパートの知見を援用し実践を分析総合した。そして障害児体育における学習集団のあり方とその可能性を探った。
「中村敏雄と『体育の理科』」単著2011年11月『たのしい体育・スポーツ』 学校体育研究同志会    戦後の優れた体育実践家であり、スポーツ文化研究の第一人者である中村敏雄は、「体育科は運動文化の継承・発展に関する科学を教える」という研究課題を、小学生を対象とした授業で検証するために、枚方の小学校教師たちと共同で走り幅跳びの実践を行った。この走り幅跳びの実践は、子どもたち自身が予想を立て実験方法を考え実験し、結果から得た一般法則を練習で確かめる授業であったので、「体育の理科」と呼ばれた。  こうした中村と小学校の教師たちの共同した実践づくりの意義とそこから何が学べるかを解説している。
「『ともに意味を問い直す』障害児体育とは」単著2012年05月『たのしい体育・スポーツ』 学校体育研究同志会   「卒業生を送る会(柏原市小中支援学級合同の学習発表会)に向けて、小学校支援学級で取り組んだ民舞「虎舞」の実践記録。 発達段階に大きな差がある子どもたちに対して、「虎舞」という同じ教材を集団で学ぶことを大切にした。子どもたちは当然発達年齢によって「虎舞」のとらえ方が違う。その違いを交流することで踊りに対する認識を深め、個性ある表現にそれぞれが高めていった。「虎舞」は、東北の岩手県の民俗舞踊である。2011年3月11日、東日本大震災で被災された方々が、「虎舞」の復活で生きる元気をもらったという。こうした事実も紹介した。 支援学級の子どもたちは一生懸命練習し「卒業生を送る会」本番では東北や日本が元気になるよう願いを込めて踊った。
民舞分科会(入門提案)「民舞を教材化するとは」単著2014年07月学校体育研究同志会 第30回大阪支部研究大会(北河内大会)提案集【大阪府教育委員会・枚方市教育委員会後援】   まずは、「民舞」とは「民俗舞踊」と「民族舞踊」の略称であり、両者の違いを、歴史的背景や保育・学校教育での広がりを通して解説している。次に、「民舞」が大阪の保育・教育現場で、どのように広がり、子どもや保護者、地域から評価を得てきたかを紹介し、「民舞」の教育的意義について述べた。とりわけ、運動会の集団演技での「南中ソーラン」(これは「民舞」ではなく「和風ダンス」と言える)の爆発的な広がりについて、その成立過程と学校現場で取り上げられてきた理由などを分析した。この「南中ソーラン」の教育的価値を認めつつも、「民舞」としての舞踊的要素の欠落や実践の目的、内容、方法の課題や限界についても指摘している。
幼年体育分科会(基調提案)「荒馬を教材化するには」単著2017年07月学校体育研究同志会 第32回大阪支部研究大会(泉佐野大会)提案集【大阪府教育委員会・泉佐野市教育委員会・岸和田市教育委員会後援】  日本各地の保育・教育現場で取り組まれてきた「荒馬」は、青森県今別町の民俗芸能「荒馬」(2003年青森県無形民俗文化財に指定)がもとになっている。まずは、この「今別町荒馬」の起源を求める研究の紹介を行い、次に、「今別町荒馬」が教育的加工を経て、保育・学校現場への伝番していった様子を述べている。とりわけ、大阪の教育現場への伝番について、二つのルート(「わらび座の荒馬」と「ダンプ園長の荒馬」)があり、その中で出現した「学校荒馬」(馬を付けないで手綱だけで踊る)について、魅力と課題について述べている。最後に、「学校荒馬」を乗り越えた「荒馬」の教材化が求められていると結んでいる。
高校・大学体育分科会(実践提案)「体育の授業で学生に何が残ったのか」単著2017年08月第157回学校体育研究同志会全国研究大会(山梨大会)提案集 【山梨県教育委員会・甲府市教育委員会・笛吹市教育委員会後援】  2016年度、相愛大学における筆者(当時非常勤講師)の「体育科指導法」授業実践報告である。筆者は小学校教員であったため、大学生を対象にした授業に取り組むのは初めてだった。大切にしたのは次の二点である。①今の青年・学生をどうとらえるかを問い続けながら、子どもにとって魅力的な〝明日の教師″の誕生を支援する。②小学校教員という実務経験者としてのその実績を大学教育の現場でどう生かせるかを念頭に授業を構想する。授業方法としては、①毎授業後の学生の授業コメントから、学生の意見や感想を念頭に入れ次の授業づくりを行う。学生の授業コメントは、講義通信に掲載する。②運動の苦手な学生、得意な学生が教え合うようなグループ学習で授業を進める。③体育実技だけではなく、体育理論や健康教育などの座学も取り入れる。講義開きは、学生が驚くような仕掛けをつくり、体育の授業の期待感を持たせた。全講義最終盤に「学生の授業評価アンケート」調査を行ったが、概ね高い評価を得た。
民舞分科会(入門提案)「踊って子どもに何が残るのか」単著2018年07月学校体育研究同志会 第33回大阪支部研究大会(中河内大会)提案集【大阪府教育委員会後援】  筆者の「民舞」との出会いから、「日本の子どもに日本の踊りを」という思いで、大阪の学校現場で「民舞」実践の普及に取り組んできたことを時系列に紹介している。とりわけ、民俗舞踊「荒馬」が、どういった経路で保育・教育現場に加工され伝播されてきたかを取り上げ、その魅力と課題を述べている。筆者は保育・教育の中で「荒馬」は日本固有の身体文化を学ぶための共通の基礎教養になると考えている。それは、「荒馬」は、民俗舞踊の特徴的な動きである「ナンバ振り」や感覚的な言葉だが「みえ」「ねり」「間(ま)」「きれ」が備わり、また、就学前、学童期の子どもたちを引く付けるリズムと躍動感があるからである。大学生への「荒馬」の指導では、「跳ぶ」のではなく「踏む」ことを意識させ、自分らしい豊かな表現にしていくためには、「型から入り、型から脱する」ことを押さえた。