プロフィール

 

教員基礎情報
氏名 西迫 成一郎(ニシサコ セイイチロウ) 所属 人間心理学科 / 人文学科
ローマ字 専攻


学歴
入学卒業学校名学部・学科学位
 1995年03月関西大学大学院社会学研究科(博士課程後期課程)社会心理学専攻単位取得  
 1998年03月関西大学大学院社会学研究科(博士課程後期課程)社会心理学専攻単位取得後退学  
職歴(相愛大学)
開始年月終了年月学校名所属職名授業名
2000年04月2003年03月相愛大学人文学部人間心理学科講師社会心理学、人間心理学実習
2003年04月2007年03月相愛大学人文学部人間心理学科助教授健康心理学、卒業研究指導
2007年04月現在に至る相愛大学人文学部人間心理学科准教授社会心理学、健康心理学、卒業研究指導
所属学会
日本心理学会 / 日本社会心理学会 / 日本グループダイナミックス学会 / 日本教育心理学会 / 日本健康心理学会 / 日本公衆衛生学会
学協会活動
開始年月終了年月所属役職名
1990年12月現在に至る日本社会心理学会会員(現在に至る) 
1990年12月現在に至る日本グループ・ダイナミックス学会会員(現在に至る) 
1991年04月現在に至る日本心理学会会員(現在に至る) 
1994年03月現在に至る日本公衆衛生学会会員(現在に至る) 
1996年03月現在に至る日本教育心理学会会員(現在に至る) 
2001年05月現在に至る日本健康心理学会会員(現在に至る) 
授業科目等(現年度を含む過去3ヶ年)
年度学期授業名
2012前期健康科学(1)
2012後期健康科学(3)
2012後期健康科学(4)
2012後期健康科学(5)
2012前期健康科学(1)
2012後期健康科学(3)
2012後期健康科学(4)
2012後期健康科学(5)
2012前期卒業研究指導(3)
2012後期卒業研究指導(3)
2012前期人間心理学演習1-2(1)
2012後期人間心理学演習2-2(4)
2012前期人間心理学演習3(3)
2012後期人間心理学演習3(3)
2012前期社会心理学(A)(B)(C)
2012前期健康心理学(A)(B)(C)
2013前期健康科学(1)
2013後期健康科学(3)
2013後期健康科学(4)
2013後期健康科学(5)
2013前期健康科学(1)
2013後期健康科学(3)
2013後期健康科学(4)
2013後期健康科学(5)
2013前期卒業研究指導(3)
2013後期卒業研究指導(3)
2013前期人間心理学演習1-2(1)
2013前期人間心理学演習3(3)
2013後期人間心理学演習3(3)
2013前期社会心理学
2013前期健康心理学
2013前期社会心理学
2014前期健康科学-1
2014前期基礎演習A-3
2014前期専門基礎演習A-2
2014前期社会心理学
2014前期健康科学-1
2014前期社会心理学
2014前期グループダイナミックス
2014後期健康心理学
2014後期健康科学-5
2014後期健康科学-4
2014後期健康科学-3
2014後期健康心理学
2014後期基礎演習B-4
2014後期健康科学-3
2014後期専門基礎演習B
2015前期基礎演習A(1)
2015前期卒業研究指導
2015前期人間心理学演習3
2015前期健康科学(1)
2015前期社会心理学
2015前期グループダイナミックス
2015後期健康心理学
2015後期心理学実習
2015後期心理学実習
2015後期専門応用演習B
2015後期健康心理学
2015後期健康科学(3)
2015後期健康科学(4)
2015後期健康科学(5)
2015後期健康科学(4)
2015後期基礎演習B(2)
2016前期健康科学(1)
2016前期健康科学(2)
2016前期健康科学(3)
2016前期社会心理学
2016前期専門研究演習(7)
2016前期専門研究演習(7)
2016前期グループダイナミックス
2016後期卒業研究(7)
2016後期卒業研究(7)
2016後期健康心理学
2016後期心理学実習
2016後期心理学実習
2016後期専門応用演習B(7)
2016後期健康科学(4)

教員研究業績
研究分野: 心理学
研究キーワード: 社会心理学 / 健康心理学
教育上の能力に関する事項
教育方法の実践例
開始年月終了年月表題概要
2000年04月現在に至る授業内容を視覚的に捉えるための工夫相愛大学においては平成12年度より、プレゼンテーションソフトを用いた授業の一部に、映像作成ソフトを用いて作成した映像を添付することによって、受講生がより視覚的に授業を捉えることができるように、授業を工夫して行っている。
作成した教科書、教材
開始年月終了年月表題概要
2006年02月現在に至る中里至正・松井洋・中村真 編著『心理学の基礎を学ぶ』八千代出版9章「人と関わる」を担当し、人からの影響過程(同調、服従、社会的勢力、社会的促進の問題)や集団過程(集団凝集性、集団規範、リーダーシップ、集団間の関係)について解説した。
研究業績に関する事項
著書
書名単著・共著年月発行所、発表雑誌 (及び巻・号数)等の名称編者・著者(共著の場合のみ)該当ページ数概要
社会心理学の基礎と展開共著2003年04月八千代出版  (全体)広範囲にわたる社会心理学の最新研究課題の中から代表的な課題を、「基礎知識」と「研究の展開」に分けて解説がなされた。 (担当部分)「基礎知識」としてコミュニケーションの種類と機能についてと非言語的コミュニケーションについて解説した。また、「研究の展開」として、対人関係の維持とソーシャルスキルの問題および要請技法について詳細に解説した。全228頁 編者:中里至正、松井洋、中村真 共著者:清水裕、下斗米淳、西迫成一郎 他 担当部分:「第8章 人との関わり方」 pp.121~136
健康のための心理学共著2006年04月保育出版社  (全体)現実の健康の問題を具体的に解決するために役立つ最新の知見を提供する科学的な実践・専門書である。 (担当部分)社会環境と食の健康心理、金銭的豊かさと幸福感、情報化社会と対人関係について解説した。 全249頁 編者:小林芳郎 共著者:石井京子、宇都宮博、西迫成一郎 他 担当部分:「6章 生活環境における健康の心理の第5節 現代社会と健康」 pp.112~115
論文・解説等
書名単著・共著年月発行所、発表雑誌 (及び巻・号数)等の名称編者・著者(共著の場合のみ)該当ページ数概要
「心理的要因が睡眠状況に及ぼす影響」単著2010年03月「相愛大学 人間発達学研究」         創刊号 pp.49~56  統制の所在,自己意識,自己開示傾向がネガティブな反すうを媒介して睡眠状況に影響することを検討するために,大学生を調査対象とし質問紙調査を行った。得られた回答に対して,構造方程式モデリングによる検討を行ったその結果,統制の所在と私的自己意識がネガティブな反すう傾向に影響し,ネガティブな反すう傾向は入眠時間あるいは睡眠傾向に影響することが検証された。
「社会的不公正事態の類型化および社会的不公正事態にともなう感情反応(査読付)」共著2011年03月「心理学研究」 第81巻6号 pp.585-592  本研究は、人間の健康とも関わりの深い怒り,嫌悪,軽蔑,悲しみをはじめとした多様な感情を取り上げ、人間関係の不和やストレスフルな出来事である社会的不公正事態に対する感情の喚起について検討した。その結果、想定される社会的不公正事態の種類によって喚起される感情が異なることが示された。 共著者:中村慎佑、森上幸夫、西迫成一郎、桑原尚史 担当部分:共同研究につき抽出不可能
「大学への受験行動及び入学の意思決定に及ぼす要因の研究」共著2012年03月「相愛大学研究論集」 第28巻 pp.121~137  本研究では、大学への受験行動及び入学の意思決定に及ぼす要因を検討した。その結果、ホームページとオープンキャンパスといった情報発信力、彼らにとって重要な他者(特に両親や高校の先生)の考え、いかなる勉強ができていかなる資格が取れるかが重要な要因であることがが改めて検証された。 共著者:西迫成一郎、金児曉嗣、山本裕 担当部分:共同研究につき抽出不可能
「社会的行動における望ましさとは -社会的規範の普遍性と可変性に関する研究(2)-」共著2012年09月「関西大学総合情報学部紀要 情報研究」 第37号 pp.23~35  本研究においては、人がいかなる社会的事象または社会的行動を望ましい行動と捉えているのかを問題とした。望ましい社会的行動の収集後、収集された社会的行動の項目に対してどの程度望ましいと思うかを評定してもらい、それに対して因子分析を行った。その結果として、望ましい社会的行動は、献身、勤勉、謙虚、自制の4つの状況の違いとして分類されることが見いだされた。 共著者:中村慎佑、西迫成一郎、森上幸夫、桑原尚史 担当部分:共同研究につき抽出不可能
その他
書名単著・共著年月発行所、発表雑誌 (及び巻・号数)等の名称編者・著者(共著の場合のみ)該当ページ数概要
社会的不公正事態に対する対処方略の検討-社会的不公正感の喚起過程およびその影響過程(8)-共著2010年09月「日本心理学会第75回大会発表論文集」  本研究は、社会的不公正事態に対して対処方略が存在するか否か、また、対処方略があるとするならばいかなるものであり、そして、それらの対処方略が実際に有効と評価されているのかについて検討した。 共著者:中村慎佑、西迫成一郎、森上幸夫、桑原尚史 担当部分:共同研究につき抽出不可能
社会的公正事態の構成要素に関する研究-社会的不公正感の喚起過程およびその影響過程(9)-共著2012年09月「日本心理学会第75回大会発表論文集」 p.260  本研究は、人がいかなる行為や社会的事象を正しいことと捉えているかを明らかにするものである。調査から得られたデータに対して因子分析を行った結果として、人が社会における公正さを判断する際には、関係性の水準、社会の水準、個人の水準の各水準の知覚が重要な役割を果たしていることが推察できた。 共著者:中村慎佑、森上幸夫、西迫成一郎、桑原尚史 担当部分:共同研究につき抽出不可能