プロフィール

 

教員基礎情報
氏名 藤谷 忠昭(フジタニ タダアキ) 所属 人文学科
ローマ字 Tadaaki FUJITANI 専攻


学歴
入学卒業学校名学部・学科学位
1982年04月1987年03月早稲田大学第一文学部学士
1992年04月1994年03月東京都立大学 社会科学研究科修士(社会学)
1994年04月2002年03月東京都立大学 社会科学研究科 博士(社会学)
職歴(相愛大学)
開始年月終了年月学校名所属職名授業名
2003年04月2007年03月相愛大学人文学部助教授 
2007年04月2015年03月相愛大学人文学部准教授 
2015年04月現在に至る相愛大学人文学部教授 
所属学会
日本社会学会 / 関東社会学会 / 地域社会学会 / 日仏社会学会 / 日本NPO学会
学協会活動
開始年月終了年月所属役職名
1994年04月現在に至る日本社会学会入会(現在に至る) 
1994年04月現在に至る関東社会学会入会(現在に至る) 
2007年04月現在に至る地域社会学会入会(現在に至る) 
2008年04月現在に至る日仏社会学会入会(現在に至る) 
2009年04月現在に至る日本NPO学会入会(現在に至る) 
社会貢献活動等
開始年月終了年月事項
2005年11月現在に至る特定非営利活動法人・介護保険市民オンブズマン機構会員
2013年06月現在に至る特定非営利活動法人・介護保険市民オンブズマン機構理事
授業科目等(現年度を含む過去3ヶ年)
年度学期授業名
2012前期卒業研究指導(1)
2012後期卒業研究指導(1)
2012前期現代社会演習3-1(1)
2012後期現代社会演習3-2(1)
2012後期現代社会研究1
2012後期現代社会論
2012後期フィールドワーク論
2012前期社会調査方法論
2012前期社会調査演習
2012後期社会調査演習
2012後期コミュニケーション論A(概論)
2012前期地域研究入門
2012後期フィールドワーク論
2012前期社会調査法
2013前期卒業研究指導(1)
2013後期卒業研究指導(1)
2013前期現代社会演習3-1(1)
2013後期現代社会演習3-2(1)
2013前期社会調査入門
2013後期現代社会論
2013後期フィールドワーク論
2013前期社会調査方法論
2013前期環境社会学
2013前期社会調査演習
2013後期社会調査演習
2013後期コミュニケーション論A(概論)
2013前期市民社会論
2013後期フィールドワーク論
2013前期社会調査法
2013前期文化交流演習Ⅰ(1)
2013後期文化交流演習Ⅰ(1)
2013前期人文学概論
2013後期現代社会論
2013前期社会調査入門
2014前期社会調査入門
2014前期フィールドワーク論
2014前期社会調査方法論
2014前期環境社会学
2014前期現代都市論
2014前期地域研究入門
2014前期市民社会論
2014前期社会調査法
2014前期文化交流演習Ⅱ-8
2014前期文化交流演習Ⅰ
2014前期人文学概論
2014前期社会調査入門
2014前期社会調査方法論
2014後期現代社会論演習
2014後期フィールドワーク論
2014後期現代社会論
2014後期卒業研究-8
2014後期卒業研究-8
2014後期文化交流演習Ⅰ
2014後期フィールドワーク論
2014後期コミュニケーション論A(概論)
2014後期フィールドワーク論
2014後期現代社会論
2015前期フィールドワーク論
2015前期社会調査方法論
2015前期社会調査演習
2015前期人文学概論
2015前期専門応用演習A
2015前期市民社会論
2015前期フィールドワーク論
2015前期社会調査法
2015前期文化交流演習Ⅱ(8)
2015前期フィールドワーク論
2015後期卒業研究(8)
2015後期卒業研究(8)
2015後期地域研究入門
2015後期コミュニケーション論A(概論)
2015後期専門応用演習B
2015後期現代社会論
2015後期社会調査演習
2015後期現代社会論演習
2016前期社会調査演習
2016前期社会調査方法論
2016前期フィールドワーク論
2016前期専門研究演習(10)
2016前期専門研究演習(10)
2016前期専門応用演習A(10)
2016後期専門応用演習B(10)
2016後期現代社会論演習
2016後期社会調査演習
2016後期現代社会論
2016後期社会人基礎力実践
2016後期卒業研究(10)
2016後期卒業研究(10)
その他の教育活動
年度学内学外
2011東北震災ボランティア実習 

教員研究業績
研究分野: 社会学
研究キーワード: 社会理論 / 市民社会 / 組織 / 地域 / 情報
教育上の能力に関する事項
教育方法の実践例
開始年月終了年月表題概要
2007年04月現在に至る社会調査演習社会調査演習では、3〜4人ごとのグループごとに自らテーマを決め、フィールドワークを行ってもらっている。文献研究、依頼文の作成、質問の作成、アポイントの取り方、録音機器の使い方、礼状の作成、分析、報告書の作成など、各所でオリエンテーションを行いながら、独自の力でインタビュー調査の全体を体験してもらっている。また、パソコンを使った作業を多く課している。
職務上の実績に関する事項
免許・資格
日付免許・資格概要
2004年10月1日専門社会調査士現代社会において、社会調査を用いた研究もしくは実務にたずさわる職業人にふさわしい、社会調査に関する高度な専門的知識と技能をもつ人材の育成を目的として、これら知識と技能の修得を認めうる一定の要件をみたした者。(一般社団法人 社会調査協会「専門社会調査士認定規則」第1条)
資金等受入状況
研究資金
開始年月終了年月事項金額内容
2009年04月2010年03月離島振興策に見る政府間関係の行政社会学的実証研究1000000沖縄県においては、那覇をいわば中央政府として周辺の離島市町村が地方政府となるといった重層的な構造があり、かつ先島諸島などにおいては離島間に “格”意識が潜在するなど複雑な状況を呈している。竹富町では竹富島のリゾート施設建設問題をめぐり自治公民館が主要アクターとなって地域社会の葛藤を生み出した。与那国町では姉妹都市提携の台湾花蓮市に連絡事務所を開設し、自治体外交をめざす「国境特区」の申請、また地域経済活性化をめざす自衛隊誘致などの地域を分ける提案があり、東京政府や那覇政府を相手に自在な行動が見られた。研究分担者  (研究代表者:佛教大学 青木康容)
2012年04月2016年03月国境離島における対外戦略についての研究1950000主にフィールドワーク調査によって平和的交流と国境防衛の両面から与那国町の対外戦略について検討する。具体的には現在、進展中の自衛隊配備について、受益圏/受苦圏の概念を参照しつつ住民の合意形成過程を明らかにし、その配備の進捗がとりわけ台湾とのトランスナショナルな関係に与える影響について分析する。さらに石垣市、宮古市の対外戦略と比較することで、先島諸島のアジアとの関係、防衛の在り方について今後の研究の端緒を得る。(内間接経費450千円)