プロフィール

 

教員基礎情報
氏名 赤石 敏夫(アカイシ トシオ) 所属 音楽マネジメント学科
ローマ字 Toshio Akaishi 専攻 作曲


学歴
入学卒業学校名学部・学科学位
1972年04月1976年03月国立音楽大学音楽学部作曲学科芸術学士
職歴(相愛大学)
開始年月終了年月学校名所属職名授業名
2007年04月2009年03月相愛大学音楽学部特任教授ソルフェージュ
2009年04月現在に至る相愛大学音楽学部教授ソルフェージュ・音楽理論
職歴(相愛大学以外)
開始年月終了年月学校名所属職名授業名
1976年04月1979年03月ヤマハ音楽教室講師  ピアノ指導者   
1979年04月1980年03月(学)尚美学園 非常勤講師(ソルフェージュ関係の授業を担当)   
1980年04月1981年03月同    専任助手 (ソルフェージュ及び作曲関係のゼミ・授業を担当)   
1980年09月現在に至る赤石音楽研究室 設立 代表 現在に至る   
1981年04月1986年03月(学)尚美学園 専任講師・学務課長(作曲法ゼミ及び個人レッスン)   
1986年04月1989年03月同    助教授・学務部長 (作曲法ゼミ及び個人レッスン)   
1989年04月1990年03月同    非常勤講師  (作曲法ゼミ)   
1990年04月1996年03月ローランド株式会社 教育開発課長 音楽教育の研究開発   
1996年04月1999年03月同      教育開発部長 海外も含めた音楽教育の研究開発   
1999年04月2003年04月同     市場開発室 担当部長 学校における音楽教育の研究   
所属学会
全日本ピアノ指導者協会 / 日本現代音楽協会 / 日本作曲家協議会 / 日本ソルフェージュ研究協議会
学協会活動
開始年月終了年月所属役職名
1980年04月現在に至る(社)全日本ピアノ指導者協会指導者会員 
1981年04月現在に至る日本現代音楽協会会員(現在に至る) 
1983年04月現在に至る(社)日本作曲家協議会会員(現在に至る) 
1999年04月現在に至る(社)全日本ピアノ指導者協会正会員(現在に至る) 
2005年10月2017年05月日本電子キーボード音楽学会会員 
2010年04月現在に至る日本ソルフェージュ研究協議会会員(現在に至る) 
社会貢献活動等
開始年月終了年月事項
1996年03月2016年03月1994年制定の「音楽振興法」の推進を主な事業とする財団法人音楽文化創造が設立。この事業の一環に「音楽検定」「生涯学習音楽指導員の育成」があり、音楽検定ではその試験内容を検討する音検開発委員を音楽指導員育成講座ではその講師を務めた。音楽検定は漢検のような存在を目指し、大学や楽器メーカーの講師育成システム、様々な音楽教育メソッドの思想や垣根を越えて我が国における普遍的な音楽力評価を行うために開催された。 文科省生涯学習音楽指導員養成講座は以下の大学で実施した。 東京学芸大学、昭和音楽大学、尚美学園大学など。 音楽議員連盟や文化庁との人的交流も通して社会貢献を行うべく活動した。
2000年04月現在に至る「音楽検定」(音検)開発専門委員に就任
2004年04月2006年07月(財)音楽教育文化振興会評議員に就任
2009年04月現在に至る(社)日本作曲家協議会理事に就任
受賞歴
受賞年月事項受賞者
1968年10月岩手県作曲コンクール高校生の部 最優秀賞 
1969年10月岩手県作曲コンクール高校生の部 特賞 
授業科目等(現年度を含む過去3ヶ年)
年度学期授業名
2017前期和声法演習ⅠA(4)
2017前期和声法演習ⅡA(1)
2017前期ソルフェージュA(a)
2017前期ソルフェージュC(a)
2017前期作・編曲法基礎(2)
2017前期ソルフェージュA(2)
2017後期ソルフェージュB(2)
2017後期和声学
2017後期作・編曲法応用(2)
2017後期ソルフェージュD(a)
2017後期和声法演習ⅡB(1)
2017後期和声法演習ⅠB(4)
2017後期ソルフェージュB(a)
2018前期音楽キャリアデザイン
2018前期和声法基礎演習Ⅰ
2018前期和声法演習Ⅰ(4)
2018前期ソルフェージュⅠ(1)
2018前期ソルフェージュA(a)
2018前期ソルフェージュC(a)
2018前期和声法演習ⅠA(4)
2018前期和声法演習ⅡA(1)
2018後期和声法演習ⅡB(1)
2018後期和声法演習ⅠB(4)
2018後期ソルフェージュD(a)
2018後期ソルフェージュB(a)
2018後期和声法演習Ⅱ(4)
2018後期和声法基礎演習Ⅱ
2018後期ソルフェージュⅡ(1)
2018後期和声学
2019前期音楽キャリアデザイン
2019前期和声法基礎演習Ⅰ
2019前期和声法演習Ⅰ(4)
2019前期和声法演習Ⅲ(1)
2019前期ソルフェージュⅢ(1)
2019前期ソルフェージュⅠ(1)
2019前期和声法演習ⅠA(4)
2019前期和声法演習ⅡA(1)
2019前期ソルフェージュA(1)
2019前期ソルフェージュC(1)
2019後期ソルフェージュD(1)
2019後期ソルフェージュB(1)
2019後期和声法演習ⅡB(1)
2019後期和声法演習ⅠB(4)
2019後期ソルフェージュⅡ(1)
2019後期和声法演習Ⅱ(4)
2019後期和声法演習Ⅳ(1)
2019後期和声法基礎演習Ⅱ
2019後期ソルフェージュⅣ(1)
2019後期和声学
2019後期音楽の楽しみ
その他の教育活動
年度学内学外
2011推薦入試合格者対象入学事前教育。 夏期受験講習会、冬期受験講習会の全体運営と授業担当。試験問題作成、教材作成。 
2012推薦入試合格者対象入学事前教育。 夏期受験講習会、冬期受験講習会の全体運営と授業担当。試験問題作成、教材作成。 
2013推薦入試合格者対象入学事前教育。 夏期受験講習会、冬期受験講習会の全体運営と授業担当。試験問題作成、教材作成。 
2014推薦入試合格者対象入学事前教育。 夏期受験講習会、冬期受験講習会の全体運営と授業担当。試験問題作成、教材作成。教員免許状更新講習会授業担当「和声学」。 
2015推薦入試合格者対象入学事前教育。 夏期受験講習会、冬期受験講習会の全体運営と授業担当。試験問題作成、教材作成。 
2016推薦入試合格者対象入学事前教育。 夏期受験講習会、冬期受験講習会の全体運営と授業担当。試験問題作成、教材作成。 
2017推薦入試合格者対象入学事前教育。 夏期受験講習会、冬期受験講習会の全体運営と授業担当。試験問題作成、教材作成。 
2018推薦入試合格者対象入学事前教育。 夏期受験講習会、冬期受験講習会の全体運営と授業担当。試験問題作成、教材作成。教員免許状更新講習会授業担当「和声学」。  

教員研究業績
研究分野: 音楽基礎教育
研究キーワード: ソルフェージュ / 音楽理論 / 和声学
教育上の能力に関する事項
教育方法の実践例
開始年月終了年月表題概要
2008年04月現在に至るソルフェージュ教育の効果的なシステム従来行われてきたソルフェージュ教育を見直し、ステップアップ方式に変更し、オーケストラ楽器、オーケストラ曲・各種アンサンブル曲など様々な既存曲を取り上げる。
2008年04月現在に至るフォルマシオン・ミュジカルの実践1970年代にフランスで興った既存曲を材料にする教育手法を参考に指導計画を立て実践する。
2008年04月現在に至る"The Associated Board of the Royal Schools of Music"の検定試験を参考に教育システムを考える世界60カ国以上で実践されている検定試験の内容を授業に取り入れる。
2009年04月現在に至る「音楽基礎演習」という授業を設定し、音楽基礎教育を充実させた。昨今の入学者の学力低下に対応すべく、大学における基礎教育のあり方を考え音楽において入学してから学ぶ機会を設けた。
作成した教科書、教材
開始年月終了年月表題概要
2008年02月現在に至る視唱ステップアップソルフェージュ担当者で課題を作成した。全音楽譜出版社より刊行。
2008年02月現在に至る楽典問題集作曲系教員で問題を作成した。 学内制作販売。
研究業績に関する事項
著書
書名単著・共著年月発行所、発表雑誌 (及び巻・号数)等の名称編者・著者(共著の場合のみ)該当ページ数概要
ソルフェージュ入門(上・下)単著1983年05月(株)東京音楽書院 (後にKMP出版)  令和元年現在刊行中。35年以上にわたるロングセラー。音楽学習の基礎、ソルフェージュの入門書。幼児から小学生高学年くらいまでを対象とするが、初心者であれば大人でも使える。上下それぞれ全64ページ。菊倍版。
和声学単著1987年08月(財)日本音楽教育文化振興会  音楽理論「和声学」の理論書。わが国初の文部省(当時)認定音楽通信教育の教科書。文部省の審議官(東京芸大が委託)による審査があり、それが認可されないと発行できない。通信教育でどこまでできるか様々な工夫をした。また、禁則から入ることなく、作曲を学ぶ学生のものとは違う分かりやすい和声学の教科書にした。 特長は最初からバス課題とソプラノ課題を並行して学習できるようにしたこと。 令和元年現在でも当該財団で使われている。教科書「総ページ196ページ」指導書「総ページ70ページ」
視唱ステップアップ共著2008年02月(株)全音楽譜出版社鈴木博子、中島理依子、中野佳代子、山本京子、粕谷育子 段階別視唱練習問題集。全294曲。相愛大学の教科書として開発。同時に出版した。
独習聴音問題集(上・下)CD-R付単著2010年03月(株)全音楽譜出版社  長年にわたって指導してきた聴音の課題集。段階別に学習できるようになっている。独習できるようにMIDIによる音が入ったCD-Rを添付した。演奏回数、繰り返し等通常行なわれるように演奏される。「紙の教科書」と「音の教科書」を一体化させたもの。また、指導者が使うと学習者の様子を見ながら「演奏アシスタント」を従えて指導できる。全878曲 B5版。 1996年の初版の改訂版。令和元年現在刊行中。 20年以上のロングセラー。
CD収録。 「フランスと日本の間~完全な調和の感覚」”Entre la France et le Japon”- un sentiment de parfaite harmonie...共著2013年06月HKB HEABToru Takemitsu 他 CDアルバム「フランスと日本の間~完全な調和の感覚」”Entre la France et le Japon”- un sentiment de parfaite harmonie...に作品が収録された。 "A heavy Cloud Drips in the North Wintry Sky" "The blue moon is risings from beyond a mountain ridge" 演奏:Aimi Sugo、Giovanna Gatto(スイス国立ベルン芸術大学教授パトリシア・パニーの門下生)
論文・解説等
書名単著・共著年月発行所、発表雑誌 (及び巻・号数)等の名称編者・著者(共著の場合のみ)該当ページ数概要
日本ソルフェージュ研究協議会2017年度活動記録共著2018年12月日本ソルフェージュ研究協議会渡辺健二(東京芸術大学教授)会長編集人。 他に 菅原淳(パーカッション)、糀場富美子(作曲)など。「ソルフェージュ教育の様々なアプローチ」 2018年3月24日相愛大学アンサンブルスタジオにて行われたワークショップの内容をまとめたもの。
演奏会・展示会等
名称会場年月演奏等の内容
第7回JFCアンデパンダンすみだトリフォニーホール2003年01月チェロとピアノのための音楽「スティープ・ウェイ」Vc:丸山泰雄 Pf:細田真子  主催:日本作曲家協議会
(不明)ブカレスト(ルーマニア)ラジオ・ホール2003年02月チェロとピアノのための音楽「スティープ・ウェイ」Vc:Andrei Kivu(ブカレスト)氏より演奏したと連絡あり。
現代の音楽展「デジタル・ピアノパフォーマンスの世界」制作日本現代音楽協会 津田ホール2003年03月日本現代音楽協会主催演奏会「現代の音楽展」制作プロデューサー。 デジタル・ピアノの操作に長けていない普通のピアニストが、デジタル・ピアノを演奏しそこに作曲者の意図に叶った映像を投影、一部はデジタルにより鍵盤と映像を同期させるという試みを行なった。 作曲者:ジョン・アダムス、宮木朝子、藤原嘉文、水野みか子、赤石敏夫、中嶋恒雄、松尾祐孝、ラモン・P・サントス。ピアニスト:里見暁美、土屋律子、蛭多令子。
第6回新作歌曲の夕べ東京文化会館2003年11月歌い手と作曲家が作る「新作歌曲の夕べ」で演奏。黒田佳子の詩による2つの歌曲「うろこ雲」「ほら貝の思い出」。東京学芸大学の先生方が主催。Ms:紙谷弘子 Pf:藤原亜美 の各氏によって演奏。
第8回JFCアンデパンダンすみだトリフォニーホール2004年01月「疲れ果てたブッシュ '03」―オーボエとクラリネットのための。「9.11」以来のアメリカの行動について世界中の作曲家がネットワークを使って戦争反対のキャンペーンを始めた。それに触発された作品。アメリカの魂の旋律とアラビアの伝統音楽の断片がパロディで使われる。
「アジアの伝統/アジアの現代」旧東京音楽学校奏楽堂2004年02月「アジアン・フレグランス」―フルート、ヴァイオリン、チェロのための。 奏楽堂主宰のアジアの音楽を中心に行なわれている演奏会から委嘱。日本の様々な音組織を使って作曲。
現音秋の音楽展2004東京オペラシティリサイタル・ホール2004年10月「エターナル・リカレンス」-Fl、Vn、Vc、Pfのための。Fl:木ノ脇道元 Vn:花田和加子 Vc:岩永知樹 Pf:黒田亜樹 の各氏によって演奏。
第9回JFCアンデパンダンすみだトリフォニーホール2005年01月「サブコンシャス」-1人の打楽器奏者のための。パーカッション・グループ‘72の松倉利之氏のための作品。
「溝上日出夫とその弟子たちの歌曲の会」東京文化会館2005年04月追悼演奏会。歌曲「うろこ雲」Ms:青山恵子 Pf:松山元
第7回新作歌曲の夕べ東京文化会館2005年07月工藤直子の詩による2つの歌曲「海の はじまり」「あいたくて」(2005) MS:紙谷弘子 Pf:松山元 の各氏によって演奏。
第11回日本現代音楽展東京文化会館2005年08月サクソフォンとピアノのための音「Id」(イド)。 Sax:久保崎泰隆、Pf:仲村渠真紀
第16回キシコ国際交流音楽会ジャパンタイムズ・ニフコホール2005年10月「深い森の中に湖が…」Pf:蛭多令子
現音秋の音楽展2005東京オペラシティリサイタル・ホール2005年10月「ルーパ」Cl、Vn、Cb、Perc.のための。Cl:内山厚志 Vn:花田和加子 Cb:那須野直裕 Perc:高野綾 の各氏によって演奏。
第10回JFCアンデパンダンすみだトリフォニーホール2006年01月「アポカリプス」4手によるピアノのための。Pf:仲村渠真紀 仲間康子 の両氏によって演奏。 主催:日本作曲家協議会
「錦糸町ダブルス」すみだトリフォニーホール2006年01月「アポカリプス」4手によるピアノのための。Pf:仲村渠真紀 仲間康子 の両氏によって演奏。 主催:国際芸術連盟
「Viva Sax!」東京文化会館2006年03月サクソフォンとピアノのための音楽「イド」Sax:久保崎泰隆 Pf:西村知子 主催:国際芸術連盟
第17回キシコ国際交流音楽会ヨンサン・アート・ホール(ソウル)2006年05月歌曲「遺跡の星に」黒田佳子の詩による。ソウル公演にて。中国、韓国、日本の作品が演奏された。MS:青山恵子 Pf:松山元 の各氏によって演奏。
第8回新作歌曲の夕べ東京文化会館2006年07月谷川俊太郎の詩による3つの歌曲「こころの色」「すこやかに」「おだやかに」。Sop:寺島夕紗子Pf:亀澤奈央 の各氏によって演奏。
第12回日本現代音楽展東京文化会館2006年08月ヴァイオリンとピアノのための音楽「精霊の樹」Vn:安東純子、Pf:仲村渠真紀 の各氏によって演奏。
第11回JFCアンデパンダン東京オペラシティリサイタル・ホール2007年01月ピアノのための「回想の日々2006」「漆黒の空にシリウスは輝く」「メランコリー」「解き放たれる風」「無我の論理」 Pf:仲村渠真紀 主催:日本作曲家協議会
現代の音楽展2007 室内アンサンブル展東京オペラシティリサイタル・ホール2007年03月「アリウェン」-木管五重奏のための(2007)アール・レスピラン Fl:田中隆英 Ob:中根康介 Cl:有馬理絵 Fg:岡本正之 Hn:小鮒信次 主催:日本現代音楽協会
溝上日出夫とその弟子達の会東京文化会館2008年01月「ブレス・アブソルート」クラリネットとピアノのための  Cl:式部由姫 Pf:坂野伊予子
第10回新作歌曲の夕べ東京文化会館2008年07月谷川俊太郎の詩による三つの歌曲Ⅱ「影と海」「ことばのとおりに」「たゆまずに」。Sop:紙谷弘子、Pf:亀澤奈央 の各氏によって演奏。
第12回アンデパンダン東京オペラシティリサイタル・ホール2008年10月「ブレス・アブソルート」(改訂初演) Cl:式部由姫 Pf:坂野伊予子/主催:日本作曲家協議会
第12回新作歌曲の夕べ東京文化会館2010年07月谷川俊太郎詩集「すこやかに おだやかに しなやかに」による3つの歌曲Ⅲ「愛が消える」「たったいま」「自分をはぐくむ」 Br:石崎秀和 Pf:堀越夕子
現代チェンバロの世界すみだトリフォニーホール2011年01月フルートとハープシコードのための音楽「パピヨン」Fl:伊藤真智子 Cem:鷲崎美和
第13回新作歌曲の夕べ東京文化会館2011年07月谷川俊太郎の詩による三つの歌曲Ⅳ「からだはいれもの」「いのちの輪」「もっと向こうへと」(2011) Br:鎌田直純 Pf:堀越夕子
Songs Of The EastKnox Metropolitan Church2011年09月トランペットとピアノのための音楽「メランコリー」。 Tp:Stuart Beach Pf:Karen Klassen。カナダ・レジナ市で開催された日本の作品だけを集めた演奏会。東日本大震災の追悼演奏会。
Giovanna Gatto Piano RecitalChiesa di San Fedele(Milan)2012年02月「回想の日々」より4曲演奏。 G.Gattoのリサイタルで日本の作品として披露。イタリア・ミラノ
Giovanna Gatto Piano RecitalAuditorium Paganini(Parma)2012年02月「回想の日々」より4曲演奏。 G.Gattoのリサイタルで日本の作品として披露。イタリア・パルマ
Klassenaudition KlavierHKB-Musik, Grosser Konzertsaal(Bern)2012年04月「稜線の彼方から青い月が…」Pf:Giovanna Gatto スイス・ベルン
講演会
題目年月概要
日本ソルフェージュ研究協議会第3回シンポジウム2010年09月武蔵野音楽大学江古田キャンパスにて「ソルフェージュ教育の現状と展望~音楽大学のソルフェージュ」というテーマで相愛大学が取り組んでいる教育内容を発表した。
日本ソルフェージュ研究協議会第7回ワークショップ 「授業を通してソルフェージュを考える」2018年03月相愛大学アンサンブルスタジオにて「ソルフェージュ教育の様々なアプローチ」という内容で講演。関西一円の音楽大学、高校などから指導者が来訪した。東京の芸大音大関係者も多数来場。
日本ソルフェージュ研究協議会パネルディスカッション2018年05月日本ソルフェージュ研究協議会設立10周年を記念して行われたパネルディスカッションに登壇。 参加者所属校はは東京芸大、京都芸大、東邦音大、エリザベト音大、東京芸大付属高校、大阪音大など。会場には全国のソルフェージュ関連関係者。於:東京芸術大学。 大学教育における基礎教育の在り方、英国王立音楽検定について語った。記録誌もいずれ発行される。
桐朋学園大学のFD研修会の講師に招聘2019年03月桐朋学園大学のFD研修会において「ソルフェージュ教育」という観点から講演を依頼された。 主に「英国王立音楽検定」の上位の段階の課題例などの解説とその意義などについて紹介した。
日本ソルフェージュ研究協議会第8回ワークショップ 「授業を通してソルフェージュを考える」2019年09月桐朋学園大学仙川校舎にて「ソルフェージュ教育の様々なアプローチ」という内容で講演。関西でのワークショップの内容を東京でもという要請で講演。